「 配当・分配金 」一覧

NO IMAGE

ワンタップバイ口座で保有している米国株から配当金計算書が電子交付されていました

最近はすっかり興味が失せている米国株ではありますが、ワンタップバイ口座で保有している銘柄のコーチ、エイチピー・インクから配当金計算書が電子交付されていました。

・COH コーチ

コーチの外貨での1株あたりの配当金は0.3375USD。2.05980株の権利取得なので現地課税前の外貨での配当金は0.70USDです。

コーチは米国株なので現地課税は10%となっていて、その金額は0.07USD。現地での配当金は0.63USDとなっています。

ただ、ワンタップバイ口座では配当金は円貨での受け取りとなり、その適用為替レートが111.79円。円貨での受け取り配当金は71円です。(国内課税は考慮せず)

・HPQ エイチピー・インク

エイチピー・インクの外貨での1株あたりの配当金は0.1327USD。4.01177株の権利取得なので現地課税前の外貨での配当金は0.53USDです。

エイチピー・インクも米国株なので現地課税は10%で、その金額は0.05USD。現地での配当金は0.48USDとなっています。

ワンタップバイ口座では配当金は円貨での受け取りですから、エイチピー・インクも円換算されて、その適用為替レートが111.61円。円貨での受け取り配当金は54円です。(国内課税は考慮せず)

今回電子交付されていたコーチ、エイチピー・インクを加えた、今年の円貨でのインカムゲインの合計は223,664円となりました。(国内課税は考慮せず。FXのスワップポイントは含めず。)

スポンサーリンク


さて、そんな米国株の配当金が電子交付されていた中で、今日も株式の約定があります。妻名義のSBI証券口座なのですが、端株(S株)の売買を実行しています。

まず、オルガノ(6368)を現物売り。オルガノは2,371円で8株の保有だったのですが、8株すべて現物売りの発注で2,899円で無事に約定していました。22.27%と中途半端な上昇での利食いではありますが、現金が欲しかったのと、オルガノは私名義のSBI証券口座でも端株(S株)で保有しているので、まあいいかなと。

あと、バロックジャパンリミテッドを端株(S株)5株の現物買い注文を入れていて、960円で無事に約定していました。バロックジャパンリミテッドは私名義の松井証券口座で現物100株、信用買い建て100株の建て玉がありますが、増やしておきたかったのです。

ただ、大きく買い増しするだけの拠り所はなく、端株でとりあえず5株というわけです。5株などと言うと馬鹿にされそうではありますが、私はこういう増し玉もよくします。端株だと株価が上昇したときに、単元株だとあり得ないような株価水準まで耐えられるんですよね(笑)

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

どうでもいいっテバと寒いギャグが口をつくTeva Pharmaceutical Industries Ltdを含めた配当金のまとめ

ここのところ、ポートフォリオでの保有比率を引き下げている株式資産クラスではありますが、いくつかの銘柄から配当金計算書が届いていました。

まず、日本株なのですが、グリー(3632)、エンビプロ・ホールディングス(5698)、フルヤ金属(7826)から届いています。

・グリーの1株あたりの期末配当金は11円。妻名義のSBI証券口座で端株4株の権利取得で受け取り配当金額は44円です。グリーは現在も4株(@742)を保有しています。

・エンビプロ・ホールディングスの1株あたりの期末配当金は30円。私名義の松井証券口座で500株の権利取得で受け取り配当金額は15,000円。取得単価は529円だったので、配当金の利回りは5.67%とかなりの高配当です。ただ、エンビプロ・ホールディングスは、すべて利食いしていて、現在はノーポジションとなっています。

・フルヤ金属の1株あたりの期末配当金は50円。妻名義のSBI証券で端株10株の権利取得で受け取り配当金額は500円。フルヤ金属は現在も10株の保有をしているのですが、取得単価は1,487円で現在の株価は3,995円ということで、含み益が増大しています。

そして、米国市場株からも配当金計算書が電子交付されていました。どうでもいいっテバと寒いギャグが出てしまうほど、寒い銘柄であるTEVAからの配当金です。

TEVAの1株あたりの配当金は0.085USD。48株の権利取得で現地課税前の配当金が4.08USDです。TEVAはイスラエル株ということで、現地課税15%がかかり、その金額が0.61USD。その結果、受け取り配当金額は3.47USDとなっています。

配当金も低すぎて利回りを計算する気にもなりません。そして、それよりも何よりも株価の下落が酷いのです。平均取得単価は29.74USDで現在の株価は17.60USDと4割ほどの含み損となっています。

本当にどうでもいいっテバと思ってしまう状況なのです(笑)

何はともあれグリー、エンビプロ・ホールディングス、フルヤ金属を加えた今年の円貨でのインカムゲインの合計は223,539円、米ドルでのインカムゲインの合計は38.75USDとなっています。(国内課税は考慮せず。円貨でのインカムゲインにはFXのスワップポイントは含まず。)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

ブロードリーフ(3673)より配当金計算書が届きました

ブロードリーフから中間配当金計算書が届いていました。1株あたりの配当金は11円。端株14株の権利取得で受け取り配当金は154円となっています。(課税は考慮せず)

ブロードリーフの取得単価は501円で、現在の株価は861円なので7割りほどの上昇です。端株でなければ利食いの売却をしているかもしれませんし、利食いしなくとも株価の行方が気になって仕方ないかもしれません。

それが、端株だとおおらかな気持ちで放置できるんですよね。少しくらい上昇しても投資金額が少ないので、利食いしても面白くないという気持ちも強いです。私は端株取引はSBI証券のS株を利用しています。SBI証券とはあまり相性は良くないのですが、端株に関してはとても重宝しています。

何はともあれ、ブロードリーフを加えた今年の円貨で受け取りのインカムゲインの合計は207,995円となりました。(課税は考慮せず。FXのスワップポイントは除く。)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

マレーシア株のIOIプロパティーズ(IOIP)より配当金計算書が電子交付されていました

マレーシア株のIOIプロパティーズから配当金計算書が電子交付されていました。楽天証券での保有なのですが、楽天証券は配当金通知サービスでメールが届くので、とても有難いです。

IOIプロパティーズの1株あたりの配当金は0.06MYRDE400株の権利取得なので現地課税前の配当金は24MYR。マレーシア株は現地課税はありませんから、外貨での配当金は、そのままの24MYRとなります。

ただ、楽天証券の場合は円貨での受け取りとなり、適用為替レートが25.29円。受取配当金は606円となっています。(国内課税は考慮せず)

あと、IOIプロパティーズは3月に権利付与があったのですが、どうも記事にしていなかったようです。付与された権利を放置していたので売却されています。割当て率は4:1ということで、400株保有の私には100株の権利付与。売り付け単価が0.5869703MYRだったようで、売り付け合計金額は58.70MYR。

こちらも円貨での受け取りとなり、その適用為替レートが25.27円。1,483円の受け取り金額となっています。

このIOIプロパティーズの配当金、権利付与を含めた今年の円貨でのインカムゲインの合計は207,841円です。(国内課税は考慮せず。FXのスワップポイントは含まず。)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

SCIL、STEGとシンガポール株たちから配当金計算書が電子交付されていました

妻名義の楽天証券口座でセムコープ・インダストリーズ(SCIL)、シンガポール・テクノロジーズ(STEG)とシンガポール株たちから配当金計算書が電子交付されていました。

セムコープ・インダストリーズの1株あたりの配当金は0.03SGD。100株の権利取得で現地課税前の配当金は3.00SGD。シンガポール株は、現地課税はありませんから、配当金はそのままの3.00SGD。ただ、楽天証券は円貨での受け取りで、その適用為替レートが80.51円なので241円の受取配当金となっています。

前回、5月の受取配当金は319円。セムコープ・インダストリーズの取得代金は20,004円なので、取得単価ベースでの年間配当利回りは2.80%です。まあ、正直なところは、期待にそぐわず物足りないです。

そして、シンガポール・テクノロジーズの1株あたりの配当金は0.05SGD。100株の権利取得で現地課税前の配当金は5.00SGD。こちらも、現地課税はありませんから配当金は、そのままの5.00SGD。適用為替レートが79.39円なので、円貨での受け取り配当金は396円となっています。

前回、5月のシンガポール・テクノロジーズの配当金は797円。取得代金は23,619円なので、年間配当利回りは5.05%。こちらは、問題ありませんね!!

セムコープ・インダストリーズ、シンガポール・テクノロジーズを加えた今年の円貨でのインカムゲインの合計は、205,752円となっています。(国内課税は考慮せず。また、FXのスワップポイントは除く。)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

(関連記事)

現地課税0%が嬉しい STEG シンガポール・テクノロジーズエンジニアリングより配当金

シンガポール株のセムコープ・インダストリーズより配当金計算書が電子交付されていました

NO IMAGE

CDS(2169)より中間配当金計算書が届いていました

CDSより中間配当金計算書が届いていました。1株あたりの中間配当金は20円。5株の権利取得で受け取り配当金は100円となっています。

CDSは三菱自動車の問題で見捨てられていた時に購入した銘柄で、単元株でも保有していました。その後、単元株はすべて利食いして、端株も売却したと記憶していたのですが、妻名義のSBI証券口座で現在も5株(@887)は保有していました。

年間配当は40円だと思いますので、取得単価ベースでの配当利回りは4.51%、現在の時価ベースでは3.28%を想定しています。

ただ、SBI証券サイトの東洋経済新報社提供1株データによると予想1株配当は40~42円となっているので、ほんのちょっぴりは期待もしています。

何はともあれ、CDSを加えた今年の円貨でのインカムゲインの合計金額は205,115円となりました。(国内課税は考慮せず。また、FXのスワップポイントは除く。)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

取得単価ベースの分配金利回り4.22% 1390 UBS ETF MSCIアジア太平洋株(除く日本)より収益分配金計算書が届いていました

1390 UBS ETF MSCIアジア太平洋株(除く日本)から収益分配金計算書が届いていました。

1390の1口あたりの収益分配金は89円。松井証券の特定口座で60口、NISA口座で25口の85口の権利取得で受取収益分配金は7,565円となっています。

前回の収益分配金は75円だったので、年間では164円ですから、昨日の終値4,775円ベースでの年間収益分配金利回りは3.43%。私の平均取得単価は3,883円なので、4.22%となっています。

先進国株インデックスの分配金利回りと考えると、まずまずではないでしょうか?

あと、1391 UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)からも収益分配金計算書が届いています。1391の1口あたりの収益分配金は31円。

私名義と妻名義で1口ずつの権利取得で受け取り収益分配金は62円。ただ、このETFはどの証券口座で権利取得しているのか、取得単価はいくらなのかは不明です。多分、GMOクリック証券で保有していて取得単価は、1,900円台後半だと思います。きちんと調べればわかることですが、面倒くさいので・・・(笑)

私名義、妻名義の口座ともに口座開設キャンペーンでいただいた現金で購入して、そのまま放置状態になっているのだと思います。

1391の前回の収益分配金は4円だったので、年間収益分配金は35円。昨日の終値1,899円ベースでの年間収益分配金利回りは1.84%となっています。

一時期は、ポートフォリオで大きな存在を示していたUBS ETFシリーズも現在は1390、1391とこの2銘柄のみとなってしまいました。

ただ、私にとっての長期投資とは、必ずしも特定の銘柄の長期保有投資ではありませんので、よくあることではあります。バフェットが言うような永久保有できるような銘柄を見つけられれば良いのですが、悲しいかな、そのような才能は持ち合わせていないのですよね・・・。

何はともあれ、1390、1391を加えた今年の円貨で受け取りのインカムゲインの合計金額は205,015円となりました。(国内課税は考慮せず。また、FXのスワップポイントは除く。)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

インカムゲイン年5%ではもはや満足できずポジションをマルにしたiシェアーズ 新興国債券ETF(1362)より収益分配金計算書が届きました

iシェアーズ 新興国債券ETF(1362)から収益分配金計算書が届いていました。

1口あたりの収益分配金は167円で、37口の権利取得なので受取収益分配金は6,179円。NISA口座であること、アイルランド籍の債券ETFということで特に課税はありませんから、そのままの金額が実質の受取金額となっています。

前回の収益分配金は200円だったので、年間合計は367円。現在の株価は7,400円ですから、時価ベースでの収益分配金の年間利回りは4.96%。分配金が減少傾向にあるとはいえ、それなりの利回りだと考えていました。

ただ、今後は米国の利上げも継続されるかもしれませんから、潮時かなと考えていました。さらにFXの高金利通貨のスワップポイントの圧倒的な有利さに魅了されたこともあり、記事にも書いていたように今はポジションをマルにしています。

あと、日本株の三機サービス(6044)から、期末配当金計算書が届いていました。

1株あたりの期末配当金は20円。7株の権利取得で140円の受取配当金です。(課税は考慮せず)

三機サービスもブログ記事「ダブルバガー、トリプルバガー達成銘柄の利食いでS株(端株)ポートフォリオも縮小中」にも書いていたように、取得単価から2.48倍で売却していてポジションをマルにしています。

iシェアーズ新興国債券ETF、三機サービスを加えた今年の円貨のインカムゲインの合計金額は197,388円となりました。(課税は考慮せず。また、決済、未決済ともスワップポイントは含めず)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

購入ベースでの予想配当利回り5%超のキヤノン(7751)より配当金計算書が届いていました

キヤノンから配当金計算書が届いていました。1株あたりの中間配当金は75円。100株の権利取得だったので受取配当金は7,500円です。

取得単価は2,966円なので、期末配当金も75円と考えると、予想配当利回りは5.06%ということで、なかなかの高配当利回り銘柄となっています。

現在の株価3,792円でも3.96%ほどは期待できますから、悪くはない水準だと思います。ただ、予想株式益回りは5.37%ということで、配当性向は高めではあることには留意しておくべきでしょう。

まあ、私見としては利益剰余金から考えると、ちょっとやそっとでは減配はないのではないかと考えているのですが、先のことはわかりません(笑)

何はともあれ、キヤノンを加えた今年の円貨でのインカムゲインの合計金額は191,069円となりました。(課税は考慮せず。また、未決済のスワップポイントは除く。)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

NO IMAGE

GCAの予想配当利回りは購入ベースで4.27%となかなかのものかもしれないけど感覚が麻痺していてショボく感じる

もう、かなりの時間が経過しているのですがGCA(2174)から配当金計算書が届いていました。

1株あたりの中間配当金は17.50円。100株の権利取得で受取配当金は1,750円。期末配当金予想も17.50円なので、年間配当金は35円を期待できます。

私の取得単価は820円なので、購入ベースでの予想配当利回りは4.27%。まあ、高配当銘柄と呼んでも悪くはないとも思うのですが、まだまだ配当利回りの高い銘柄を保有していますし、何と言ってもFXのスワップポイントだと現在のポジションで楽に20%以上は期待できますから4%台というのは何だかなあといった感じです。

例えば、ヒロセ通商のLION FXのNZドル円。1,000通貨1日あたりのスワップポイントは現在60円で固定されています。1,000通貨での想定スワップポイントは年間2,190円。現在のヒロセ通商LION FXのニュージーランドドル円の買いレートは79.173円なので、1,000通貨だとレバレッジ1倍で79,173円の元金が必要となり、この場合の年間スワップポイント利回りは2.77%。

ということで、レバレッジを1.5倍にするだけで4.15%を期待できるのです。レバレッジ1.5倍というのはかなり安全域があると思います。先進国投資で大きなリスクをとらずに4.15%の利回りというのは魅力です。

私の場合はレバレッジ2倍以上のポジションなので、5.54%以上のスワップポイント利回りが期待できます。

先進国通貨でさえ、この高水準ですから新興国通貨のスワップポイント利回りの破壊力は凄まじいものがあります。FX業者にもよりますが、レバレッジをかけなくてもトルコリラ円なら10%以上、メキシコペソ円でも9%近いスワップポイント利回りが期待できるのです。私の場合は、レバレッジ2倍以上ですから、上記の2倍以上の利回りが期待できます。

新興国通貨は下落が恐いと思われるかもしれませんが、私の場合は新興国株、新興国債券、新興国リートも元々ポートフォリオに組み入れているので、通貨下落のリスクは基本的には同じことです。(新興国債券は、先日すべて売却しています)

そう考えると、FXのスワップポイント利回りは超魅力なので、せっせせっせと資金を注ぎ込みポジションを建てています。

話しが横にそれましたが、GCAを加えた今年の円貨での分配金、配当金の合計受取金額は183,569円となりました。(課税は考慮せず。未決済のスワップポイントは除く)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング