柴咲コウがIT企業を設立!3664モブキャストの影が…

Samurai



 

本誌取材班は同社の事業計画書を入手。そこには代表取締役社長CEO柴咲コウ名義で、次の挨拶文が記されている。

〈ネットメディアエンターテインメントを通じて、よりたしかな未来を構築すべく、LES TROIS GRACESを立ち上げました。個々の特性を最大限活かし、真実の未来を奏でます〉

 その計画書によると、同社は今年9月末までに資本金を1億6千9百万円に積み上げ、株式上場を目指すという。また今年3月、柴咲の所属事務所「スターダストプロモーション」からファンクラブ事業を引き継いでいる。

 

柴咲コウが資本金1.7億円のIT企業を設立 (文春オンライン) - Yahoo!ニュース

 

 

影にはモブカスが....柴崎コウは大河主演女優で知名度は抜群!

IPOとなれば人気化必至(^_^;)これが噂された特大材料なのかは不明

25.1%出資している模様...上場すればかなり上場益でるでしょう?

 

アクロディアも面白い中期計画書だして来ましたね(;´∀`)

 

http://minkabu.jp/announcements/3823/140120170927480120.pdf 

 

インターフォンIoTシステム

五年で全国のマンションのドア2%の導入目指す!

 

Iot野球ボール

五年で日本の野球チーム30%導入目指す!

 

肉横丁

5年で70店舗目指す!

 

目指すことは良いことですが途方も無さ過ぎますねw

 

GFAも底打ち?ANAPは高値引け!ジースリー反発!内田洋行は年初来高値更新!

 

キョウデンは例の移動平均線狙いはまだ行けるみたいです。

今度はどこまで行くのか?

 

現在日経平均株価先物は+80円ぐらいで為替はドル円112.83円!

明日も期待!

 

 

 


スイングトレードランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ

 

 

 

 

イエレンFRB議長、インフレ要因不明の困惑は続く

1
バフェット太郎(@buffett_taro)です。

FRB(米連邦準備制度理事会)のジャネット・イエレン議長は講演で、「向こう数年間、段階的な利上げが必要だ」と主張する一方、「低インフレ率が長引けば、利上げペースがやや緩やかになる可能性がある」との見方を示しました。

イエレン議長はインフレ率がFRBが目標とする2%に次第に近づくと予想する一方、なかなか目標に達しないことについては、その予想を巡る不透明感があることを認めました。

そのような不透明感を前にどのような金融政策で挑むべきかですが、「インフレ率が2%に回復するまで、金融政策を据置くことは賢明ではない」と指摘しました。

さらに、利上げペースが早すぎれば経済成長を鈍らせかねないと指摘する一方、「利上げが遅すぎれば、将来の物価が高騰するなどの問題が生じ、リセッション(景気後退)の引き金になりかねない」とし、これまでと同様の見解を示しました。

加えて、昨今のインフレ率の低迷についてFRBの理解は「不完全」だとし、「低インフレ率の要因が、もっと持続性のある何かである可能性を認識している」と述べました。

イエレン議長の講演を受けて、市場が予想する12月の利上げ確率は約78%と、一カ月前の40%台から大きく上昇し、市場参加者たちは12月の利上げを確実視しています。

さて、FRBが利上げに踏み切るということは、たとえインフレ率が低迷していたとしても、米国経済が好調であることを認めていることに他ならず、株価の上昇基調は続くと予想されます。つまり、投資家はここで株を売れば上昇相場に乗れなくなることを意味するので、ゲームから降りるわけにはいかないのです。

とはいえ、イエレン議長は来年2月に退任が予定されており、続投できるかはわからず、将来の金融政策がどうなるかは不透明です。仮に、新FRB議長が新たな方向性を示すも市場との対話に失敗すれば、イエレン議長が心配しているように、利上げペースが早すぎれば経済成長を鈍らせ、遅すぎれば将来の物価を高騰させる原因となり、リセッションの引き金になりかねません。将来の見通しはインフレが低迷している要因と同様、不透明感に包まれています。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

一目均衡表「雲」上抜け銘柄

8750 第一生命ホールディングス
3938 LINE
4704 トレンドマイクロ
8570 イオンフィナンシャルサービス
3436 SUMCO
8933 エヌ・ティ・ティ都市開発
8545 関西アーバン銀行
6222 島精機製作所
9075 福山通運
3668 コロプラ
8806 ダイビル
9616 共立メンテナンス
6740 ジャパンディスプレイ
2222 寿スピリッツ
8179 ロイヤルホールディングス
8543 みなと銀行
6278 ユニオンツール
6958 日本シイエムケイ
1980 ダイダン
5959 岡部
3001 片倉工業
5302 日本カーボン
1822 大豊建設
7972 イトーキ
6172 メタップス
2305 スタジオアリス
7014 名村造船所
6315 TOWA
7404 昭和飛行機工業
1606 日本海洋掘削
2792 ハニーズホールディングス
5989 エイチワン
4574 大幸薬品
9046 神戸電鉄
7607 進和
6800 ヨコオ
6194 アトラエ
6535 アイモバイル
9014 新京成電鉄
6023 ダイハツディーゼル
7979 松風
2351 ASJ
2372 アイロムグループ
6834 精工技研
6306 日工
4728 トーセ
5194 相模ゴム工業
5819 カナレ電気
9612 ラックランド
6769 ザインエレクトロニクス
6167 冨士ダイス
2762 三光マーケティングフーズ
3454 ファーストブラザーズ
3901 マークラインズ
6853 共和電業
6627 テラプローブ
3751 日本アジアグループ
6771 池上通信機
4965 曽田香料
2925 ピックルスコーポレーション
3858 ユビキタス
2818 ピエトロ
7895 中央化学
2169 CDS
5387 チヨダウーテ
3850 エヌ・ティ・ティ・データ・イン
6086 シンメンテホールディングス
5603 虹技
9763 丸紅建材リース
6478 ダイベア
2599 ジャパンフーズ
3323 レカム
3393 スターティア
2376 サイネックス
6334 明治機械
5612 日本鋳鉄管
7746 岡本硝子
7635 杉田エース
3111 オーミケンシ
9417 スマートバリュー
3524 日東製網
7571 ヤマノホールディングス
6424 高見沢サイバネティックス
6822 大井電気
3847 パシフィックシステム
5216 倉元製作所
9385 ショーエイコーポレーション
3477 フォーライフ
2750 石光商事
4752 昭和システムエンジニアリング
3796 いい生活
8298 ファミリー
2459 アウンコンサルティング
7567 栄電子
4707 キタック
3326 ランシステム
2666 オートウェーブ
3223 エスエルディー
8257 山陽百貨店
2776 クリムゾン
(9/27終値ベース、時価総額順)


一目均衡表「雲」下抜け銘柄

9437 NTTドコモ
4508 田辺三菱製薬
8308 りそなホールディングス
8697 日本取引所グループ
6762 TDK
9041 近鉄グループホールディングス
4922 コーセー
6806 ヒロセ電機
9513 電源開発
8304 あおぞら銀行
6113 アマダホールディングス
9048 名古屋鉄道
9504 中国電力
3141 ウエルシアホールディングス
2206 江崎グリコ
4587 ペプチドリーム
6417 SANKYO
9044 南海電気鉄道
7550 ゼンショーホールディングス
9507 四国電力
8385 伊予銀行
9003 相鉄ホールディングス
3635 コーエーテクモホールディングス
3863 日本製紙
2264 森永乳業
8078 阪和興業
9832 オートバックスセブン
4917 マンダム
8524 北洋銀行
8130 サンゲツ
8153 モスフードサービス
8255 アクシアル リテイリング
6737 EIZO
2492 インフォマート
6287 サトーホールディングス
9792 ニチイ学館
9413 テレビ東京ホールディングス
7421 カッパ・クリエイト
8155 三益半導体工業
4951 エステー
6049 イトクロ
8706 極東証券
2594 キーコーヒー
5932 三協立山
1868 三井ホーム
9991 ジェコス
4997 日本農薬
7475 アルビス
2329 東北新社
9470 学研ホールディングス
2669 カネ美食品
3877 中越パルプ工業
2831 はごろもフーズ
8551 北日本銀行
7823 アートネイチャー
6430 ダイコク電機
7990 グローブライド
9713 ロイヤルホテル
8349 東北銀行
7838 共立印刷
3205 ダイドーリミテッド
8383 鳥取銀行
7621 うかい
9675 常磐興産
8898 センチュリー21・ジャパン
3185 夢展望
7945 コマニー
8089 すてきナイスグループ
7615 京都きもの友禅
6675 サクサホールディングス
2814 佐藤食品工業
7213 レシップホールディングス
3418 バルニバービ
2487 CDG
1935 TTK
6343 フリージア・マクロス
3096 オーシャンシステム
7527 システムソフト
2185 シイエム・シイ
6715 ナカヨ
8737 あかつき本社
3347 トラスト
9017 新潟交通
5958 三洋工業
7643 ダイイチ
8709 インヴァスト証券
9890 マキヤ
3393 スターティア
2773 ミューチュアル
3969 エイトレッド
9036 東部ネットワーク
9034 南総通運
6492 岡野バルブ製造
3067 東京一番フーズ
9029 ヒガシトゥエンティワン
7711 助川電気工業
8201 さが美
6060 こころネット
2917 大森屋
3598 山喜
6342 太平製作所
5104 日東化工
1984 三信建設工業
9679 ホウライ
7957 フジコピアン
9635 武蔵野興業
8209 フレンドリー
7985 ネポン
4673 川崎地質
7255 桜井製作所
2481 タウンニュース社
9376 ユーラシア旅行社
8740 フジトミ
4690 日本パレットプール
1383 ベルグアース
9826 JEUGIA
7869 日本フォームサービス
2586 フルッタフルッタ
(9/27終値ベース、時価総額順)


中期ゴールデンクロス銘柄

5741 UACJ 3215 -55.0 (-1.68%)
5332 TOTO 4685 +55.0 (+1.19%)
8395 佐賀銀行 2656 -64.0 (-2.35%)
9076 セイノーHLDG 1537 -3.0 (-0.19%)
5105 東洋ゴム工業 2470 +7.0 (+0.28%)
4544 みらかHLDG 5200 -50.0 (-0.95%)
8242 エイチ・ツー・オー リテイリン 1953 -51.0 (-2.54%)
6141 DMG森精機 1913 +6.0 (+0.31%)
8205 シャクリーグローバルグループ 9130 +260.0 (+2.93%)
8616 東海東京フィナンシャルHLDG 651 -12.0 (-1.81%)
3738 ティーガイア 2153 +2.0 (+0.09%)
4321 ケネディクス 627 +15.0 (+2.45%)
6269 三井海洋開発 2789 +63.0 (+2.31%)
7943 ニチハ 4095 +10.0 (+0.24%)
1950 日本電設工業 2341 +5.0 (+0.21%)
8346 東邦銀行 419 -7.0 (-1.64%)
7004 日立造船 584 +11.0 (+1.92%)
9746 TKC 3370 -20.0 (-0.59%)
9422 コネクシオ 1960 -2.0 (-0.10%)
6080 M&Aキャピタルパートナーズ 5280 +30.0 (+0.57%)
8527 愛知銀行 6720 0.0 (0.00%)
4592 サンバイオ 1578 +37.0 (+2.40%)
9119 飯野海運 527 +8.0 (+1.54%)
8237 松屋 993 -1.0 (-0.10%)
6517 デンヨー 2002 -4.0 (-0.20%)
4229 群栄化学工業 3880 -40.0 (-1.02%)
6532 ベイカレント・コンサルティング 2101 +111.0 (+5.58%)
6638 ミマキエンジニアリング 870 +49.0 (+5.97%)
8622 水戸証券 335 0.0 (0.00%)
3553 共和レザー 958 -9.0 (-0.93%)
3843 フリービット 975 +13.0 (+1.35%)
6590 芝浦メカトロニクス 408 +13.0 (+3.29%)
1381 アクシーズ 3610 +80.0 (+2.27%)
6904 原田工業 855 +10.0 (+1.18%)
3319 ゴルフダイジェスト・オンライン 865 +21.0 (+2.49%)
6274 新川 776 +17.0 (+2.24%)
4350 メディカルシステムネットワーク 512 +1.0 (+0.20%)
1935 TTK 520 -8.0 (-1.52%)
2903 シノブフーズ 740 -3.0 (-0.40%)
1420 サンヨーホームズ 731 +28.0 (+3.98%)
3131 シンデン・ハイテックス 3560 -10.0 (-0.28%)
7640 トップカルチャー 513 +3.0 (+0.59%)
6362 石井鉄工所 1687 -4.0 (-0.24%)
2464 ビジネス・ブレークスルー 439 -5.0 (-1.13%)
6286 靜甲 833 +93.0 (+12.57%)
3536 アクサスHLDG 149 +4.0 (+2.76%)
9972 アルテック 234 0.0 (0.00%)
3839 ODKソリューションズ 423 0.0 (0.00%)
3416 ピクスタ 1292 +7.0 (+0.54%)
8298 ファミリー 410 +3.0 (+0.74%)
8740 フジトミ 285 -3.0 (-1.04%)
7501 ティムコ 546 +5.0 (+0.92%)
2666 オートウェーブ 118 +1.0 (+0.85%)
2776 クリムゾン 109 +6.0 (+5.83%)
3083 シーズメン 580 +9.0 (+1.58%)
(9/27終値ベース、時価総額順)


短期ゴールデンクロス銘柄

8303 新生銀行 1768 +38.0 (+2.20%)
9201 日本航空 3795 -29.0 (-0.76%)
9536 西部瓦斯 2810 -100.0 (-3.44%)
7752 リコー 1107 +29.0 (+2.69%)
9404 日本テレビHLDG 1964 +9.0 (+0.46%)
2809 キユーピー 2646 +4.0 (+0.15%)
3529 アツギ 1268 +8.0 (+0.63%)
8562 福島銀行 938 +28.0 (+3.08%)
3738 ティーガイア 2153 +2.0 (+0.09%)
5413 日新製鋼 1473 +29.0 (+2.01%)
3191 ジョイフル本田 2980 +47.0 (+1.60%)
1719 安藤・間 772 -6.0 (-0.77%)
8251 パルコ 1354 +5.0 (+0.37%)
8214 AOKI HLDG 1452 -9.0 (-0.62%)
9757 船井総研HLDG 3625 +125.0 (+3.57%)
2109 三井製糖 3770 -70.0 (-1.82%)
8281 ゼビオHLDG 2163 -3.0 (-0.14%)
9672 東京都競馬 3350 -20.0 (-0.59%)
4812 電通国際情報サービス 2543 +99.0 (+4.05%)
2440 ぐるなび 1669 +50.0 (+3.09%)
2791 大黒天物産 5290 -10.0 (-0.19%)
7599 IDOM 682 +2.0 (+0.29%)
2305 スタジオアリス 2692 +64.0 (+2.44%)
3966 ユーザベース 3105 -40.0 (-1.27%)
4714 リソー教育 861 -10.0 (-1.15%)
8287 マックスバリュ西日本 1685 +11.0 (+0.66%)
9370 郵船ロジスティクス 1026 +12.0 (+1.18%)
2268 B―R サーティワン アイス 4065 +25.0 (+0.62%)
6532 ベイカレント・コンサルティング 2101 +111.0 (+5.58%)
6312 フロイント産業 1668 +70.0 (+4.38%)
8137 サンワテクノス 1916 +22.0 (+1.16%)
7455 三城HLDG 482 -1.0 (-0.21%)
4725 CAC HLDG 1058 +12.0 (+1.15%)
1712 ダイセキ環境ソリューション 1346 +34.0 (+2.59%)
4539 日本ケミファ 5130 +50.0 (+0.98%)
8365 富山銀行 3960 -65.0 (-1.61%)
3915 テラスカイ 7300 +430.0 (+6.26%)
1407 ウエストHLDG 766 +6.0 (+0.79%)
4295 フェイス 1371 +157.0 (+12.93%)
6537 WASHハウス 2769 +177.0 (+6.83%)
3313 ブックオフコーポレーション 815 0.0 (0.00%)
4667 アイサンテクノロジー 3405 +55.0 (+1.64%)
5194 相模ゴム工業 1638 +38.0 (+2.38%)
8732 マネーパートナーズグループ 481 -3.0 (-0.62%)
6668 アドテックプラズマテクノロジー 1790 +77.0 (+4.50%)
8462 フューチャーベンチャーキャピタ 1554 -25.0 (-1.58%)
9731 白洋舎 3440 -15.0 (-0.43%)
1897 金下建設 697 0.0 (0.00%)
2929 ファーマフーズ 397 +2.0 (+0.51%)
5204 石塚硝子 2378 +47.0 (+2.02%)
7865 ピープル 1810 +16.0 (+0.89%)
3350 レッド・プラネット・ジャパン 28 +1.0 (+3.70%)
3323 レカム 114 +9.0 (+8.57%)
3065 ライフフーズ 1773 +33.0 (+1.90%)
7746 岡本硝子 296 +80.0 (+37.04%)
1418 インターライフHLDG 270 +12.0 (+4.65%)
6039 日本動物高度医療センター 2176 +57.0 (+2.69%)
8854 日住サービス 2500 0.0 (0.00%)
5900 ダイケン 829 +17.0 (+2.09%)
3559 ピーバンドットコム 1891 +105.0 (+5.88%)
6181 パートナーエージェント 394 +2.0 (+0.51%)
4240 クラスターテクノロジー 685 +30.0 (+4.58%)
4102 丸尾カルシウム 1529 0.0 (0.00%)
7625 グローバルダイニング 264 0.0 (0.00%)
6734 ニューテック 1136 +135.0 (+13.49%)
6248 横田製作所 1059 +19.0 (+1.83%)
7863 平賀 481 0.0 (0.00%)
7901 マツモト 306 0.0 (0.00%)
(9/27終値ベース、時価総額順)


明日騰がるボロ株予想!(09/28)

9318 アジア開発キャピタル
2776 クリムゾン
1757 クレアホールディングス
6955 FDK
5103 昭和ホールディングス
3323 レカム
1400 ルーデン・ホールディングス
2694 ジー・テイスト
8894 原弘産
7571 ヤマノホールディングス
7859 アルメディオ

銘柄選びに迷ったときは素直に投資顧問の銘柄に乗っかるのもひとつの手です。さらに言えば、どうせ乗るなら勝ち馬が良いわけで、銘柄情報の成績が優秀な投資顧問を選びたいです。その意味では株エヴァンジェリストがオススメです。なぜならここ最近の成績がかなり良いからです。さらに言えば、株価が軽めの銘柄を狙ったものが割と多いのも◎!

論より証拠ってことで↓
━━━━━━━━━━━━
[4316]ビーマップ
推奨日/買値2017年06月29日/522円
利確日/売値2017年07月11日/2184円
騰落率:318.39%UP
━━━━━━━━━━━━
[4278]トーセ
推奨日/買値2017年06月05日/929円
利確日/売値2017年07月04日/2800円
騰落率:201.40%UP
━━━━━━━━━━━━
[6734]ニューテック
推奨日/買値2017年01月25日/620円
利確日/売値2017年05月10日/1812円
騰落率:192.26%UP
━━━━━━━━━━━━
[3661]エムアップ
推奨日/買値2017年03月07日/1026円
利確日/売値2017年05月26日/2590円
騰落率:152.44%UP
━━━━━━━━━━━━
改めてみると本当に凄い成績だと思います。何しろ株価3倍、4倍にも上昇した推移をバシバシと言い当てているんですからね。ただ、株エヴァンジェリストの何が凄いかって、それは買い推奨するタイミングです。例えば、↑のビーマップなんて、6月29日に買い推奨していますが、その翌日から8連騰しているんです。まさに動意づく直前のタイミングだったってわけですね。

ちなみに株エヴァンジェリストの銘柄情報は、会員登録すればすぐに活用できます。しかも、新規の人には通常の銘柄情報とは異なる特別な内容を無料で教えてくれるというからぜひとも試してほしいところ。最近の成績から考えてもかなり期待できるかも?登録も無料だし、確認するだけ確認して損はなさそうですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■管理人がよく見ているサイト
テーマ別に注目銘柄を上げており分かりやすくてよいです。管理人の口が悪いw
ブタが印象的なサイト。旬な銘柄がランキング形式でわかるのが便利。
尚、特に「期待」できる銘柄についてはメルマガでの配信も行っている。 いつも記事を見て下さっている人はコチラからメルマガ登録をしてみて欲しい。
当ブログに掲載している記事の内容又はメールマガジンの内容に関して当ブログは一切の「助言」となる事項は行っておりません。投資に関する最終的決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。
▼WEB非公開の当ブログのメルマガ会員限定銘柄配信!! 2013-07-17 14.33.50
▼ランキングUP願う!!
にほんブログ村 株ブログ 低位株・ボロ株へにほんブログ村 株ブログ 株日記へ株式投資ブログランキングブログランキングblogramで人気ブログを分析banner02.gif
Ads by Cueinc.

PKSHAがストップ高で久々の替え歌

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは承認制ですので、承認をお待ちください。■

●材料●

↓寄り前

AppGuard関連 ※情報セキュリティソフト
AppGuardはBlue Planet-worksが米国のサイバーセキュリティ企業であるBlue Ridge Networks社より革新的なセキュリティ技術 「AppGuard®」テクノロジー事業と関連する資産(特許、ソースコード、研究開発技術者、営業権等)を4月18日に買収
Blue Planet-worksに出資している会社
大興電子通信 寄らずストップ高
PCIホールディングス ストップ高
フェイス +12%

岡本硝子
海底からの鉱石回収に成功、世界初-「国産」資源の開発進展に一歩
→多分これらで連想ゲーム
2015.12.2 岡本硝子 水深12000mの水圧に耐えられるガラス球を開発
江戸っ子1号プロジェクト公式ウェブサイト
→ストップ高

↓寄り後

全固体リチウムイオン電池
10:00 ダイソン、他社とは「根本的に異なる」EV製造へ-2020年までに
「同社はEV開発に10億ポンド(約1500億円)を投資し、動力源となる全固体電池の開発に同額を投じる。」
FDK 朝からジリ高で+9%まで行くも+3%引け
オハラ 一時+8%ぐらいまで急騰するも撃沈+1%
日立造船 +1.9%

エディア
11:10頃 ドメイン「BALDR-ACE.JP」取得判明
→一時+7%ぐらい上がるも撃沈+0.86%引け
※エディアの決算資料に書いてあった4Qリリース予定のIPタイトルってこれ?
※「BALDR」って↓このエロゲーなんですよね。これは10月27日に発売する新作PCゲームで、多分エディアのとは別作品と思われます


●●●●

今日のブログは全てPKSHA様(ストップ高)に捧げましょう。
久しぶりに替え歌ですっ!

尚、ライブライブ!サンシャイン二期は10月7日放送スタート!9月30日には放送直前特番もあるので、投機家の人は見るの必須ですが、投資家の人もあくまで株の勉強で見て下さい。



決めたよ Hand in Hand

作詞:塩漬けマン
作曲:渡辺拓也
歌:高海千歌 桜内梨子 渡辺曜


(Hold on Hold wow wo!)
(Hold on Hold wow wo!)

株を探してる?
上がるか分からないけど 材料株はこれかも
(Hold on Hold)

それは株の中に
眠ってる材料 もうすぐ目覚めそう
・・・気づいて!
(Hold on Hold)

相場が生まれる 予感はただの
錯覚じゃないはずさ(wow wo!)
買ってみなきゃ はじまらないよ
その株を買ってみたい

買われ買われって今日から
君のPFへと
買われ買われって元気に
PKSHA買ってみよう
いっしょに買ったら 上がるかな
じゃあためらわないで もう逃したくない
決めたよ!
これからさあPKSHA買おう?
手に手を取って買おう!


塩漬けマン「一緒にPKSHA買いませんか?」

読者「うふ・・・」

塩漬けマン「ふふん」

読者「ごめんなさいっ!」

塩漬けマン「え・・・えっーーー!!!!」

※勿論今から買うのは危険なので、読者の方はJCだけはくれぐれもしないようにして下さい。投機は完全自己責任で(o´・ω・)b ネッ♪

☆過去のライブライブ!サンシャイン替え歌☆

イナゴJumping Catch

ザイリョウだったらダイジョウブ

イナゴの口座は輝いてるかい?

↓日本初のICOプラットフォーム開発のICOのアフィリエイト。塩漬けマンの今後の顛末が気になる方はコチラからCOMSAに登録をどうぞ
※登録するだけですので、お金はかかりませんし、1分で終ります。
COMSA登録

↓多数の種類の仮想通貨が買える取引所。口座開設はコチラからどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●ホールド中銘柄含み損益●
極楽湯 +8,321
アスカネット -3,162 買っちった
DMP +117,382
イグニス +87,921
セレス +11,214
ニッポン高度紙 +143,857
データセクション +33,334
セントラル硝子 +34,069
日立化成 -4,596
アイサン +6,422
東洋合成 +54,359
日本電産 +109,506
プラズマ +97,339
フェローテック +168,413
三井ハイテック -2,166
日立造船 +87,642
トランザクション -21,206
マーチャント +51,000
PKSHA Technology +1394000

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは承認制ですので、承認をお待ちください。■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




9月28日 重要指標発表予定

時刻    地域    指標
15:00      ドイツ    GFK消費者信頼感調査-10月
16:00      トルコ    経済信頼感-9月
18:00      欧州    サービス業信頼感-9月
18:00      欧州    消費者信頼感-9月
18:00      欧州    経済信頼感-9月
18:00      欧州    鉱工業信頼感-9月
18:00      欧州    業況判断指数-9月
21:00      ドイツ    消費者物価指数(前年比)-9月
21:00      ドイツ    消費者物価指数(前月比)-9月
21:00      ドイツ    調和消費者物価指数(前月比)-9月
21:00      ドイツ    調和消費者物価指数(前年比)-9月
21:30      米国    GDP価格指数(前期比)-2Q
21:30      米国    コアPCE(前期比)-2Q
21:30      米国    卸売在庫(前月比)-8月
21:30      米国    失業保険継続受給者数-9/16
21:30      米国    GDP(前期比年率)-2Q
21:30      米国    新規失業保険申請件数-9/23
21:30      米国    個人消費(前期比)-2Q
23:30      米国    EIA天然ガス貯蔵量(前週比)-9/22
0:00      米国    カンザスシティ連銀製造業活動指数-9月
3:00      メキシコ    メキシコ中銀 政策金利-9/28

9月27日 騰落他指数

日経平均株価終値 20,267.05円  前日-63.14円

☆25D正味増減+883.21円

騰落銘柄数
・値上がり数
815

・値下がり数
895
騰落レシオ
126.50% 前日比(-0.57P)
※要注意数値

RSI
77.8%  前日比(-1.7P)
※要注意数値

出来高状況
120,227株(25日移動平均 163,057株)。

☆25日出来高移動平均の乖離率-26.3%【前日比-35.1P)】

サイコロジカルライン
66.7%( 8勝 4敗)

移動平均線状況
①5日移動平均線 
20,327.8円 ( 当日株価との乖離-0.3%  )  前日比-8.7円

④25日移動平均線
19,759.0円 ( 当日株価との乖離率+2.6% )   前日比+35.3円

⑤75日移動平均線 
19,897.6円 ( 当日株価との乖離率+1.9% )   前日比+3.4円

配当権利落ち

9月27日(水)15:25

大引け

日経平均株価

20269.82(9:00)

20278.09(14:00)

20213.66(9:05)

20267.05(15:00)

前日比▼63.14 -0.31%

TOPIX

1664.35(9:00)

1665.19(13:59)

1658.90(10:16)

1664.43(15:00)

前日比▼8.31 -0.50%


日経平均株価は続落

前日の米国株は高安まちまちで方向感にかけ
9月配当権利落ち(133円)に伴い続落して始まりました

寄付 20269.82(9:00)▼60.37

寄り後3桁の下げになりましたが

安値 20213.66(9:05)▼116.53

為替が1ドル112円台の円安が下支えになり
下げは限定的20200円台での推移になり
下げ渋って前引けを迎えました

前引 20270.97(11:35)▼59.22

後場は方向感にかけ狭いレンジでの推移となりましたが
下値は限定的で底堅い足取りでした

高値 20278.09(14:00)▼52.10

日経平均株価は続落して引けました

大引 20267.05(15:00)▼63.14


前日のNYダウは、4日続落 22284.32ドル▼11.77ドル 
NASDAQ指数6380.16△9.57
イエレンFRB議長が講演で、物価が弱くても段階的利上げの
継続が必要との認識を示しました。
インフレ率が2%に戻るまで金融政策を据え置くことは
賢明でないとも指摘しました。
議長の発言を受け、市場では12月利上げ観測が強まりました。

アトランタ地区連銀のボスティック総裁も講演で
追加利上げ前に物価動向が底堅さを増しつつあることを示す
「明確な確証」が欲しいとしつつ、12月利上げの可能性に
違和感はないとの認識を示しました。
CMEグループのFEDウォッチによると、市場が織り込む
12月利上げ確率は78%に上昇、1カ月前の確率は40%前後。

北朝鮮地政学リスクは、今後もこのまま続くものと思われますが
以前のような過剰反応は限定的となり、実際軍事衝突が起きなければ
相場への影響は限定的になりそうです。
米国12月利上げ論が今後も高まれば、為替の方向性はドル高円安で
日本企業の想定為替レート108.31円から、輸出企業収益の
後押しになりそうです。

9月配当落ち分はおよそ133円
大引 20267.05円 ▼63.14円

配当権利分を即日埋めることはできませんでしたが
本日の下げ幅▼63.14円 実質70円ほど上昇したことになります。

今後もさらなる円安が、日本株上昇の条件です。
円安=日本株上昇


上がるか上がらないかわかりませんが
7760IMV 713円△15円 
9/19高値800円形成後反落に転じ9/22安値659円まで
短期調整を経て、ジリジリと不気味に切り返してきました。
この相場はまだ生きている可能性が高いと考えます。

8889アパマン 871円△16円
9/20以降、不気味な足取りが続いています。
業績は減額含みですが、特定の投資家が介入しているようです。
この銘柄もこのままでは終わらない感じです。

注:上記銘柄はハイリスク銘柄ですので初心者の方は
  手出し無用です。
  チャートの勉強にお使いください。


次回は、9/28(木)20:00~21:00 頃更新いたします。

10/20(金)までの日本株(9/21記)

日本株上昇の条件とその他の要因
1、ドル高円安(米国10年債利回り上昇)
2、米国株上昇(連日の史上最高値更新)
3、北朝鮮地政学リスクいったん落ち着く
4、衆議院選は、日本株上昇のアノマリー(投開票直前までは強い?)
5、海外投資家の7月からの売り越しの終焉(日本株持たざるリスク)

9/21日経平均EPS 1414.98円
9/21日経平均PER 14.38倍

日経平均PER上限 6月~直近
7/11 14.46倍 6/20 14.36倍 6/2 14.39倍
日経平均PER下限 6月以降直近
9/8 13.69倍 8/24 13.67倍

日経平均PER上限 2016年~直近
4/26 16.11倍 3/13 16.27倍 
16/12/16 16.64倍 16/4/22 15.99倍
日経平均PER下限 2016年~直近
9/8 13.69倍 8/24 13.67倍
16/11/9 13.76倍 16/9/15 13.76倍 16/8/3 13.34倍
16/7/8 12.67倍 16/6/24 12.62倍 16/2/12 12.97倍

日経平均PERのレンジ
17.0倍 買われすぎで赤信号
16.5倍 買われすぎで黄色信号 
15.0倍 通常のフェアバリュー
13.5倍 通常の売られすぎ
13.0倍割れ 売られすぎの異常値

安倍首相は、国連総会帰国後に衆議院解散を決断。
9月28日に召集する臨時国会の冒頭に衆院を解散
10月10日公示 22日投開票の日程

今後の相場について考える。
1、10/22(日)投開票の前日立会日10/20(金)までは
  外部環境悪化の悪材料が出なければ相場は上方向へ。
2、ドル円相場7/11 114.47円水準以上の円安が進むと
  大型株中心に20946.93円~20952.71円を目指す可能性大

自民党勝利の折り込み後は、9月中間期の好業績期待銘柄中心に
資金が好循環することが考えられます。

10/20(金)までは、相場は堅調に推移することが考えられます。
ドル円相場7/11 114.47円水準以上の円安が必須条件
以上、9/21記

初心者のチャートの勉強用「指標銘柄」
指標銘柄1
8306三菱UFJFG 
6/29高値777.7円から値幅日柄調整中
8/29安値645.2円でいったん下げ止まったものの
9月相場では底割れの可能性大です。
まだ買いません。(8/30記)
8/31時点 円安=日本株上昇 売り方の買戻しで上昇
680円~700円の上値抵抗は、海外投資家の実需買いなくして
上抜けることはできそうもありません。
あくまで買戻しの範囲の 戻りの場面と想定。

指標銘柄2
8604野村HD 
16年12/12戻り高値784円、2/13高値774.4円からの長期下降トレンド
8/29安値598.0円でいったん下げ止まったものの
9月相場では底割れの可能性大です。
まだ買いません。(8/30記)
8/31時点 円安=日本株上昇
8306三菱UFJFGの切り返しに比べると非常に弱い足取り。
さらなる一段安の場面に要注意。

チャートの勉強用監視銘柄1 中級者向き(8/21記)
6121滝澤鉄工所 8/21終値184円
7月31日後場(14:00)に決算を発表
18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は
1億2600万円の赤字(前年同期は4800万円の黒字)に転落
決算発表を嫌気して
7/31終値176円▼14円 8/1安値170円で悪材料織り込み
ところが
8/4終値204円△26円 V4,004,000株 出来高急増株価上昇
8/7 244 248 187 189 ▼15円 V26,813,000株
248円まで買われ単発高で終わりました。
その後8/14安値171円が下値の岩盤になり180円台での
小動きになっています。
これは非常に面白い足取りです。

8/21時点 通常1カ月後くらいの周期で上昇することが多く
しばらく様子を見たうえで8月末くらいに安値付近を狙うのが
良いと考えます。  


チャートの勉強用監視銘柄2 初心者向き(8/21記)
8585オリコ 8/21終値179円 
2016年12/12高値235円(1番天井)
2017年2/1高値231円(2番天井)
その後日柄値幅調整に入りました。

7/28 15:00決算発表
18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は
前年同期比35.7%減の50.1億円に落ちこみ
4-9月期(上期)計画の171億円に対する進捗率は29.3%

8/14安値178円 8/18安値178円 かなり良い水準まで
調整が進み、調整最終段階に入ったようです。
今後の全体相場下落の場合は、もう一段の下げがあるでしょうが
ここからの突っ込みは、買いに分あり と考えます。
できれば171円、172円くらいで買いたいところです。

8/21時点 下げ最終段階と考えます。
今買っても年間利回り30%は取れると考えます。
ジャクソンホール、9月以降の米国、欧州の金融引き締めは
全体相場が波乱になる要素があるためもう一段の下げリスクがあります。
資金力のある投資家は、177円買い(第1弾の買い)その後は
どこまで下がるかわかりませんが、5円幅で買い下がりが有効
172円買い、167円買い
初心者の方は、全体相場急落時の突っ込み狙いが有効と判断。

9/5時点 全体相場下落の影響で174円安値を付けました。
2016年2/12安値171円が目先の下値メドですが
9月のどこかで底割れがあるかもしれません。
9月、10月のどこかで大底形成となりそうです。
買った後はそのまま放置で230円が目標になります。


チャートの勉強用監視銘柄3 初心者向き(8/22記)
2371カカクコム 8/22終値1342円
8/2午前11時40分 2018年3月期第1四半期(17年4-6月期)
連結決算を発表
売上106億5100万円(前年同期比5%増)
純利益は34億7900万円(前年同期比1%増)進捗率21.95%
158億5000万円(前年比7%増予想は据え置き)
収益の伸び悩みから売りものに押され急落
8/2 1447円▼63円 V4,538,200株
その後も下値模索となり
8/14安値1286円(暫定1番底形成)
その後8/21高値1380円まで切り返しに転じるも
戻りは鈍く、本日終値は1342円で取引を終了。
8/14安値1286円(2013年6月以来の4年2か月ぶりの安値)
でかなりの部分は織り込まれた模様。
8/22時点 8/2の決算発表で成長の鈍化を嫌気した
海外ファンドの売りが一巡。
すぐに上昇は望めないものの、6カ月定期預金
1年定期預金感覚で臨めば、1500円~1600円の戻りは
臨めると考えます。

9/5時点 9/5安値1320円まで下がりましたが
先の安値は8/14安値1286円です。
底割れした場合は、買い場になりそうです。
9月、10月のどこかで大底形成を想定。

チャートの勉強用監視銘柄4 中級者向き(8/22記)
8078阪和興業 8/22終値735円
今年の値動きはBOX圏での推移となっています。
レンジ下限 8/21安値718円 4/13安値729円 2/10安値695円
レンジ上限 8/10高値837円 7/10高値847円 5/15高値873円
      3/21高値848円 
昨日8/21安値は718円は、レンジ下限になります。
大底ではないため一定のリスクは生じますが第1四半期は無事通過
8/10 13:00決算発表
18年3月期第1四半期(4-6月期)の連結経常利益66.1億円
(前年同期比38.2%増)
通期予想240億円 進捗率27.54%
8/22時点 レンジ下限の範囲内で買い
上放れた場合はご縁なしとあきらめることも大切です。
買えた場合の売り目標は800円以上
上記レンジ上限付近が目標値となります。

8/24時点
監視を解除して待ち伏せ買いのタイミング 
レンジ下限の8/21安値718円を本日割り込みました。
8/24終値714円▼14円 安値710円
次のレンジ下限は2/10安値695円です。
710円くらいから5円刻みで買い下がってみるのも一策。
710円買い、705円買い、700円買い、695円買い
その際は、695円を割り込むと下降トレンドに入る可能性が高まりますので
680円前後でロスカット設定になります。


チャートの勉強用監視銘柄5 初心者向き(8/25記)
8306三菱UFJFG 8/25終値664.3円
6/29高値777.7円形成後調整入り
8/25安値659.0円まで値幅調整が進みかなり良い水準まで
値幅調整が進んでいます。
下値メド 642.2円 
直近の空売り比率が積み上がっているため
今後買戻しの場面があればそれだけでも
利食いのチャンスになりそうです。
普通預金にある残高を当社株の時価水準から買い下がりに
移行すれば、健全な投資になりそうです。
1年保有しているうちに10%のキャピタルゲインと
18円の配当を得られる感じで、定期預金感覚の投資も
個人投資家の健全な投資手法といえるでしょう。

8/28時点
下げ止まった感触は見られず、目先は買い戻しによる
切り返しはあっても、本格的な反発局面は海外投資家の買いが
入らなければ難しいと考えます。
おそらく9月、10月のどこかで大底が入るものと考えます。
大底で買えば、資産株として長期運用も可能です。
普通預金ゼロ時台に、2.7%以上の配当利回りがあります。
今後も監視を続けてまいります。

チャートの勉強用監視銘柄6 初心者向き
7774ジャパンティッシュエンジニアリング(9/15記)
9/15終値1146円
富士フイルムHD連結子会社
患者自身の細胞を培養した自家培養表皮、軟骨を開発
自家培養軟骨は富士フイルムの3次元画像解析装置との販売連携で伸長
売上、営業益が増加し、黒字定着してきました。
赤字企業が大半のバイオ関連の中で毛並みの良い黒字銘柄
1/10高値1596円天井形成後、値幅日柄調整入り。
9/8安値1118円(暫定1番底)
天井形成から8カ月以上経過し、まもなく調整完了を想定
時価近辺の押し目を買った場合の売り目標は
売り目標①1280円(年内)
売り目標②1370円~1400円(6カ月)

注:チャートの勉強用監視銘柄はあくまで本日現在の
外部環境下で私が判断したものです。
今後のリスク要因により全体相場が下落した際は
つれ安することもあるため御注意ください。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。


株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

9月27日 レーティング情報

コード    銘柄名    ターゲット
3101    東洋紡    205→225円
3197    すかい    新規2200円
4061    デンカ    610→740円
4151    協和キリン    新規2400円
4208    宇部興    220→350円
7202    いすゞ    1550円継続
7205    日野自    1500→1600円
8715    アニコムHD    新規3500円
8750    第一生命    2600→2400円
8951    日本ビルF    新規590000円
8952    JRE    新規575000円
8954    オリックスJRE    新規183000円
9505    北陸電    1030→1010円

9月27日時点 日経225 オプション 建玉他残高状況

                                                                                                                                                                                                           
❒日経225 オプション 建玉他残高状況
《 10月限月 》
9月27日時点上段:出来高
下段:建玉
権利行使別残高
●コール ●プット
196213750
13150
211212500
271720
513211250
24352
1117210001
886316
1459208751
26172
2114207501
84796
1085206251
37957
107420500113
146511334
101320375119
3716150
75920250934
123342525
17520125935
42762066
315200001155
1430111077
6119875694
34541377
6019750633
82318031
119625645
28193621
62195001670
73148461
119375616
16933850

9月26日現在 日銀ETF買い入れ状況

9月度購入状況

9月26日 購入額   12億円
9月25日 購入額   12億円
9月22日 購入額   751億円
9月21日 購入額   12億円
9月20日 購入額   12億円
9月19日 購入額   12億円
9月15日 購入額   12億円
9月14日 購入額   12億円
9月13日 購入額   12億円
9月12日 購入額   12億円
9月11日 購入額   12億円
9月 8日 購入額   12億円
9月 7日 購入額   12億円
9月 6日 購入額   751億円
9月 5日 購入額   751億円
9月 4日 購入額   751億円
9月 1日 購入額   12億円

✤9月購入額合計         3,160億円
9月までの購入累計額 43,936億円

✤買付枠未消化残
     16,064億円

❖2017年度の月別状況

❒8月までの購入累計額  40,776億円

✤1月購入額合計         5,852億円
✤2月購入額合計         5,155億円
✤3月購入額合計         5,332億円
✤4月購入額合計         5,315億円
✤5月購入額合計         3,875億円
✤6月購入額合計         3,904億円
✤7月購入額合計         4,482億円
✤8月購入額合計         6,861億円

❒2016年度購入総合計金額     46,016億円
✤12月購入額合計          7,672億円(※月間購入額として過去二番目。)
✤11月購入額合計            3,771億円
✤10月購入額合計            3,068億円
✤9月購入額合計              8,303億円(※月間購入額として過去最高。)

 【参考】2015年度状況
2015年度購入累計額  30,694億円

長期的に見れば債券のリターンが株式に負けるのは世界共通

1
バフェット太郎(@buffett_taro)です。

2013年、ダウ平均が金融危機前の過去最高値を更新して以降、「米国株は割高だ」とずっと言われ続けていますが未だに弱気相場は訪れません。とはいえ、永遠に続く強気相場も存在しないので、投資家は常に強気相場後の未来を考えておかなければなりません。

弱気相場が始まる直前を起点にすれば、株式のパフォーマンスが債券をアンダーパフォームすることがありますが、これは株式が債券に比べてボラティリティが高いので当然だと言えます。この時、債券に分散投資している投資家は株式に集中投資している投資家と比べてパフォーマンスが良くなるので、「個人投資家が債券に分散投資すべき理由」なんていう記事を多く目にするかもしれません。

ただし、長期的に見れば債券に投資するより、米国株に集中投資した方がはるかにリターンが高くなる可能性が高いので、個人投資家はボラティリティを無視して投資資金の100%を株式に振り分けた方が賢明です。

ちなみに、「株式利回り>債券利回り」という関係は何も米国だけで見られるわけではありません『証券市場の真実―101年間の目撃録』によれば、1900年~2000年の101年間で日本やドイツ、イタリア、フランス、イギリス、スイス、カナダ、オーストラリア、スウェーデンなど16か国すべての国で株式が債券のパフォーマンスを上回っています。これは、25年間、50年間、75年間で区切っても同様に株式が債券をアウトパフォームしていました。
1
(出典『証券市場の真実―101年間の目撃録』)

そのため、短期的な調整局面が訪れて、債券のパフォーマンスが株式のそれを一時的にアウトパフォームしたからといって、株式を売って債券に投資資金を振り分ける必要はありません。

【株式100%VS株式50%債券50%】
1
1945年を100とした場合、過去の年平均利回りをもとにシミュレーションすると、米国株式に100%投資して配当を再投資した場合、当初の100ドルは10万0530ドルになった一方、米国株式50%債券50%のポートフォリオで運用した場合は5万1736ドルと半分程度に留まりました。

こうした結果からも、個人投資家は株式に100%集中投資して、その中でセクターを幅広く分散したポートフォリオをデザインした方が長期的に見れば資産をより一層拡大させることができるはずです。

とは言え、誰もが株式市場の激しいボラティリティを許容できるわけではないので、臆病な投資家にとっては債券に投資した方が賢明な場合もありますよ。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

アプリックス(3727)の診断

祖業のソフト基盤技術から撤退、IOTに資源集中し再起用。



ポジティブ

なし


ネガティブ

利益剰余金 ▲8億3300万円

業績の割にはマイナス8億で済んでいるという印象。


まとめ
とりあえず何をしている会社かわからない。祖業のソフト基盤からは撤退しておりいまはIOT一本に絞ったみたいだが、最近の流行に乗っているようにしか見えない。しかもその間にも出版事業をやっていたりと、本当になんの会社なのか疑問だ。
企業の方針がブレているからか、それが業績にも悪影響を与えている。過去5年はマイナス成長で常に赤字決算を計上してきた。過去5年で74%もマイナス成長しているので、成長どころか縮小している。

個人的に業績や事業内容見ただけでも投資しようとは思えない。

評価
★☆☆☆☆

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
応援クリックお願いします!m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月26日 NF回路設計が大幅高。

現在大当たり中の銘柄(購入後の利益率+8%以上)
6938 双信電機 (+15.30 %)
5982 マルゼン (+9.71 %)
6864 NF回路 (+53.77 %)
3053 ペッパーフード (+9.44 %)

本日の日経平均は小幅安。
前日比-67円(-0.33%)の2万0330円で引けました。

マザーズ指数は前日比-1.22%と大幅安です。

当ブログのモデル持ち株は、全体的にはやや軟調でしたが、
NF回路設計ブロックが一人大幅高してくれたので、
トータルではプラスとなりました。

NF回路設計ブロックは、前場は前日終値を挟んだ攻防が続き、
プラ転とマイ転を繰り返しましたが、後場からは勢いを取り戻し、
終値は前日比+16.45%と大幅高になりました。
こちらは持ち越しです。

というわけで、
本日の売却は7銘柄。
6銘柄は前場終値での売却、1銘柄は終値での売却です。

新規購入は10銘柄。
昨日売ったばかりの大成温調を買い直しています。

ランキングに投票をお願いします。

 

新規購入銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
6071 IBJ 857 0.00 % 857 09/26 チャート
3697 SHIFT 1,547 0.00 % 1,547 09/26 チャート
1904 大成温調 1,671 0.00 % 1,671 09/26 チャート
3150 グリムス 2,691 0.00 % 2,691 09/26 チャート
5781 東邦金属 189 0.00 % 189 09/26 チャート
6237 イワキポンプ 2,989 0.00 % 2,989 09/26 チャート
3187 サンワカンパニ 447 0.00 % 447 09/26 チャート
5911 横河ブリッジ 2,127 0.00 % 2,127 09/26 チャート
2776 クリムゾン 103 0.00 % 103 09/26 チャート
4955 アグロカネシ 1,823 0.00 % 1,823 09/26 チャート

本日売却銘柄

コード 銘柄名 売却
価格
損益率 購入
価格
購入日 チャ
ート
売却日 保有
日数
売却
区分
5289 ゼニス羽田HD 384 2.13 % 376 09/13 チャート 09/26 8日 前場終値
5304 SECカーボン 500 7.76 % 464 09/19 チャート 09/26 5日 前場終値
5982 マルゼン 2,180 9.71 % 1,987 09/19 チャート 09/26 5日 終値
3245 ディアライフ 500 -2.34 % 512 09/19 チャート 09/26 5日 前場終値
6539 MS-J 3,795 0.26 % 3,785 09/19 チャート 09/26 5日 前場終値
6334 明治機械 568 3.27 % 550 09/22 チャート 09/26 2日 前場終値
2453 JBR 459 -7.83 % 498 09/22 チャート 09/26 2日 前場終値

保有継続銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
6343 フリージア 25 -3.85 % 26 09/08 チャート
6938 双信電機 437 15.30 % 379 09/15 チャート
5341 アサヒ衛陶 129 -0.77 % 130 09/20 チャート
5277 スパンクリト 594 2.06 % 582 09/20 チャート
6864 NF回路 2,428 53.77 % 1,579 09/20 チャート
6919 ケル 1,279 0.79 % 1,269 09/21 チャート
3053 ペッパーフード 4,405 9.44 % 4,025 09/22 チャート
6728 アルバック 6,630 -2.50 % 6,800 09/22 チャート
1716 第一カッター 1,356 4.31 % 1,300 09/22 チャート
6197 ソラスト 2,074 -2.31 % 2,123 09/22 チャート
3697 SHIFT 1,547 1.31 % 1,527 09/25 チャート
2315 カイカ 72 -2.70 % 74 09/25 チャート
4409 東邦化学工業 443 3.02 % 430 09/25 チャート

2017年9月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
直近12カ月累積損益率: 436.01 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近12ヶ月
累積損益率
過去通算成績 4209銘柄 3.43 % 3.44日 1.00 % 19.93 %
2017年9月 103銘柄 2.39 % 3.65日 0.65 % 13.07 % 436.01 %

新興弱い…

 

HTC Android phone launch-20

 

今日は権利付け最終日ですが全体的に弱く

特にマザーズは結構なマイナス...ゲーセクががが

TCG抜けると暫くはこんな感じでしょう

 

持ち株も新興クソ株系が弱いです。

逆に3458CREとか(゚д゚)ウマー安定が一番か

 

と言いながら3189ANAP押してる所拾えたのは◯

引けにアッパーは気持ちが良いです。

 

ANAP(3189)の日足チャート

 

んーSBIHD再インしようかなと

仮想通貨関連そろそろでしょうし

基本はリップルなんで

 

楽天がフリーテルを買収か~悪評高いところどうしがタッグを組むとは...

てかフリーテルなんですよねwww

初のMVNOだったし悪名高いスマホ変え放題には騙されませんでした。

あれで大きくイメージダウンしたんですよ

 

8518アジア開発が上げてますが買収による利益は微妙でしょうし

逝ってこいになりそうな予感

 

今日は先物結構上げてるから明日は期待出来そうです。

 

 


スイングトレードランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ