イエレン議長ジャクソンホール講演での注目点

1
バフェット太郎です。

NYダウ株式市場は前日比-28.69ドル(-0.13%)安の2万1783.40ドルとほぼ横ばいでした。これは、FRB(米連邦準備制度理事会)のジャネット・イエレン議長のジャクソンホールでの講演を控えて様子見ムードが広がったためです。

ジャクソンホール経済シンポジウムでは、主要国の中央銀行総裁や財務省の幹部などが集まって経済政策について話し合いが行われ、25日にはイエレン議長とECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁が講演をします。

投資家らはイエレン議長とドラギ総裁が金融政策の道筋についてどのような話をするのか注目していますが、両者ともに新しい材料は示さないだろうとの見方も強まっています。

さて、世界経済はいま生産性が伸び悩み、保護主義が高まっています。また、地政学的リスクの高まりなども問題になっているのですが、こうした中で中央銀行はどのように経済成長を促すか、ということが課題になっています。

ECBのドラギ総裁は14年、デフレを防ぐために「必要な手持ちの手段を全て使う」と約束し、大量の国債を購入してきました。しかし、欧州経済が改善しつつある中で、ドラギ総裁は来年中にも資産購入の縮小、つまりテーパリングを開始したいと考えていて、これについてどのように発言するのかに注目が集まっています。

また、FRBは住宅ローン担保証券や米国債で構成する4兆2000億ドル(約460兆円)規模の保有資産について、今秋から徐々に縮小し始め、さらに年内あと1回の利上げを行う計画を示している中、投資家たちはイエレン議長が金融政策の道筋に対して今どのように考えているのか注目しています。

加えて、FRB当局者たちは当初、米国の弱いインフレ率を一時的な要因とし、大きな問題として考えていなかったものの、その後も弱い指標が続き、労働市場のひっ迫が続いているのにも関わらずインフレ率が上昇しない現状について、どのような発言があるのかについても注目が集まっています。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

一目均衡表「雲」上抜け銘柄

6301 小松製作所
5401 新日鐵住金
4901 富士フイルムホールディングス
9064 ヤマトホールディングス
5233 太平洋セメント
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
8242 エイチ・ツー・オー リテイリン
7242 KYB
9716 乃村工藝社
7915 日本写真印刷
9303 住友倉庫
1973 NECネッツエスアイ
3087 ドトール・日レスホールディング
7296 エフ・シー・シー
2730 エディオン
8386 百十四銀行
5451 淀川製鋼所
2170 リンクアンドモチベーション
9928 ミロク情報サービス
8160 木曽路
8399 琉球銀行
6462 リケン
9110 NSユナイテッド海運
1954 日本工営
2790 ナフコ
8530 中京銀行
2706 ブロッコリー
9081 神奈川中央交通
4097 高圧ガス工業
8529 第三銀行
4792 山田コンサルティンググループ
9900 サガミチェーン
9639 三協フロンテア
1793 大本組
5805 昭和電線ホールディングス
2207 名糖産業
2294 柿安本店
9535 広島ガス
3199 綿半ホールディングス
3553 共和レザー
4025 多木化学
5210 日本山村硝子
3371 ソフトクリエイトホールディング
6099 エラン
5194 相模ゴム工業
9769 学究社
8423 アクリーティブ
3834 朝日ネット
1430 ファーストコーポレーション
3983 オロ
3623 ビリングシステム
6901 澤藤電機
3565 アセンテック
2675 ダイナック
2216 カンロ
9059 カンダホールディングス
3772 ウェルス・マネジメント
6870 日本フェンオール
7709 クボテック
9761 東海リース
9966 藤久
9063 岡山県貨物運送
4750 ダイサン
1768 ソネック
9417 スマートバリュー
4720 城南進学研究社
7555 大田花き
6659 メディアリンクス
7443 横浜魚類
5935 元旦ビューティ工業
6466 東亜バルブエンジニアリング
9967 堺商事
8215 銀座山形屋
2736 サダマツ
6894 パルステック工業
1906 細田工務店
2345 アイスタディ
3089 テクノアルファ
3042 セキュアヴェイル
7273 イクヨ
9365 トレーディア
4760 アルファ
3035 ケイティケイ
9087 タカセ
1408 サムシングホールディングス
1788 三東工業社
6898 トミタ電機
(8/25終値ベース、時価総額順)


一目均衡表「雲」下抜け銘柄

4967 小林製薬
9009 京成電鉄
8060 キヤノンマーケティングジャパン
7164 全国保証
7947 エフピコ
9627 アインホールディングス
6849 日本光電工業
2264 森永乳業
1820 西松建設
9832 オートバックスセブン
6796 クラリオン
2222 寿スピリッツ
2120 LIFULL
7545 西松屋チェーン
6080 M&Aキャピタルパートナーズ
7599 IDOM
2497 ユナイテッド
4722 フューチャー
6480 日本トムソン
8142 トーホー
2204 中村屋
1413 桧家ホールディングス
4746 東計電算
3434 アルファCo
1930 北陸電気工事
9414 日本BS放送
3843 フリービット
3667 enish
6927 ヘリオス テクノ ホールディン
9977 アオキスーパー
6678 テクノメディカ
6054 リブセンス
7634 星医療酸器
3069 アスラポート・ダイニング
4248 竹本容器
9312 ケイヒン
2903 シノブフーズ
2458 夢テクノロジー
2411 ゲンダイエージェンシー
7500 西川計測
6336 石井表記
9791 ビケンテクノ
7635 杉田エース
7782 シンシア
5758 FCM
2332 クエスト
3011 バナーズ
3671 ソフトマックス
2499 日本和装ホールディングス
6193 バーチャレクス・コンサルティン
6416 桂川電機
9376 ユーラシア旅行社
4690 日本パレットプール
6147 ヤマザキ
8894 原弘産
7886 ヤマト・インダストリー
7901 マツモト
(8/25終値ベース、時価総額順)


中期ゴールデンクロス銘柄

9507 四国電力 1387 +10.0 (+0.73%)
8386 百十四銀行 374 +6.0 (+1.63%)
3543 コメダHLDG 1879 +11.0 (+0.59%)
2326 デジタルアーツ 4355 +140.0 (+3.32%)
7874 レック 3080 +15.0 (+0.49%)
3091 ブロンコビリー 2747 -20.0 (-0.72%)
5017 富士石油 379 +7.0 (+1.88%)
2207 名糖産業 1493 +27.0 (+1.84%)
3560 ほぼ日 5660 -10.0 (-0.18%)
9017 新潟交通 200 -1.0 (-0.50%)
4736 日本ラッド 1213 +23.0 (+1.93%)
6629 テクノホライゾンHLDG 259 -1.0 (-0.38%)
2352 エイジア 1151 -23.0 (-1.96%)
9417 スマートバリュー 2270 +66.0 (+2.99%)
6635 大日光・エンジニアリング 751 0.0 (0.00%)
(8/25終値ベース、時価総額順)


短期ゴールデンクロス銘柄

9433 KDDI 2957.5 +13.0 (+0.44%)
6723 ルネサスエレクトロニクス 1079 +9.0 (+0.84%)
1801 大成建設 1068 -21.0 (-1.93%)
4716 日本オラクル 7830 +220.0 (+2.89%)
9506 東北電力 1506 +8.0 (+0.53%)
6923 スタンレー電気 3665 +5.0 (+0.14%)
3861 王子HLDG 577 +1.0 (+0.17%)
5019 出光興産 2718 -7.0 (-0.26%)
4403 日油 1541 +24.0 (+1.58%)
8012 長瀬産業 1807 +14.0 (+0.78%)
7451 三菱食品 3270 +30.0 (+0.93%)
9810 日鉄住金物産 5660 0.0 (0.00%)
6807 日本航空電子工業 1797 0.0 (0.00%)
4917 マンダム 6250 -40.0 (-0.64%)
8276 平和堂 2572 +43.0 (+1.70%)
2175 エス・エム・エス 3410 -30.0 (-0.87%)
9716 乃村工芸社 2389 +19.0 (+0.80%)
7230 日信工業 1876 +17.0 (+0.91%)
9747 アサツー ディ・ケイ 2925 +9.0 (+0.31%)
9069 センコーグループHLDG 778 +45.0 (+6.14%)
5451 淀川製鋼所 3080 +104.0 (+3.49%)
7942 JSP 3390 +35.0 (+1.04%)
6996 ニチコン 1245 +12.0 (+0.97%)
3563 スシローグローバルHLDG 3495 +10.0 (+0.29%)
6961 エンプラス 4640 +10.0 (+0.22%)
6349 小森コーポレーション 1335 -4.0 (-0.30%)
2726 パルグループHLDG 3575 +50.0 (+1.42%)
3201 日本毛織 951 +7.0 (+0.74%)
6929 日本セラミック 2895 +49.0 (+1.72%)
3950 ザ・パック 3640 +20.0 (+0.55%)
1379 ホクト 1935 0.0 (0.00%)
8897 タカラレーベン 520 +10.0 (+1.96%)
8037 カメイ 1699 -36.0 (-2.07%)
6817 スミダコーポレーション 2203 +18.0 (+0.82%)
5727 東邦チタニウム 840 +11.0 (+1.33%)
8068 菱洋エレクトロ 1852 -2.0 (-0.11%)
6787 メイコー 1826 +119.0 (+6.97%)
9755 応用地質 1608 +46.0 (+2.94%)
4714 リソー教育 858 +6.0 (+0.70%)
7893 プロネクサス 1284 +14.0 (+1.10%)
8923 トーセイ 870 +3.0 (+0.35%)
4792 山田コンサルティンググループ 7770 +1,000.0 (+14.77%)
6820 アイコム 2514 +13.0 (+0.52%)
6798 SMK 466 -2.0 (-0.43%)
8132 シナネンHLDG 2255 0.0 (0.00%)
4550 日水製薬 1412 +15.0 (+1.07%)
9740 セントラル警備保障 2075 +49.0 (+2.42%)
7298 八千代工業 1260 +42.0 (+3.45%)
5821 平河ヒューテック 1478 -2.0 (-0.14%)
7822 永大産業 520 -2.0 (-0.38%)
6985 ユーシン 787 +9.0 (+1.16%)
7856 萩原工業 3190 +105.0 (+3.40%)
3553 共和レザー 966 +15.0 (+1.58%)
6814 古野電気 670 +2.0 (+0.30%)
7987 ナカバヤシ 329 0.0 (0.00%)
4992 北興化学工業 616 -1.0 (-0.16%)
7885 タカノ 1168 +3.0 (+0.26%)
8103 明和産業 437 +2.0 (+0.46%)
4671 ファルコHLDG 1564 +4.0 (+0.26%)
2884 ヨシムラ・フード・HLDG 3965 -15.0 (-0.38%)
1376 カネコ種苗 1469 +13.0 (+0.89%)
1960 サンテック 861 +3.0 (+0.35%)
4973 日本高純度化学 2684 +21.0 (+0.79%)
3185 夢展望 1524 0.0 (0.00%)
3983 オロ 1678 +69.0 (+4.29%)
9537 北陸瓦斯 2859 +4.0 (+0.14%)
2675 ダイナック 1687 +9.0 (+0.54%)
3318 メガネスーパー 70 +2.0 (+2.94%)
7551 ウェッズ 679 +4.0 (+0.59%)
6513 オリジン電気 313 0.0 (0.00%)
2818 ピエトロ 1638 +2.0 (+0.12%)
5456 朝日工業 1403 0.0 (0.00%)
3919 パイプドHD 1207 -8.0 (-0.66%)
3068 WDI 1428 +2.0 (+0.14%)
4304 Eストアー 789 +2.0 (+0.25%)
4308 Jストリーム 579 +9.0 (+1.58%)
3320 クロスプラス 1034 +30.0 (+2.99%)
9885 シャルレ 493 +4.0 (+0.82%)
6403 水道機工 350 -2.0 (-0.57%)
8091 ニチモウ 190 +9.0 (+4.97%)
4838 スペースシャワーネットワーク 632 -7.0 (-1.10%)
9446 エスケーアイ 653 +4.0 (+0.62%)
3187 サンワカンパニー 421 0.0 (0.00%)
6998 日本タングステン 249 -3.0 (-1.19%)
1768 ソネック 816 +8.0 (+0.99%)
8023 大興電子通信 445 +23.0 (+5.45%)
8260 井筒屋 451 -1.0 (-0.22%)
1739 シード平和 1569 +85.0 (+5.73%)
9656 グリーンランドリゾート 419 +3.0 (+0.72%)
2321 ソフトフロントHLDG 189 -3.0 (-1.56%)
5936 東洋シヤッター 655 +2.0 (+0.31%)
7427 エコートレーディング 692 +3.0 (+0.44%)
7836 アビックス 161 +4.0 (+2.55%)
7975 リヒトラブ 1991 +1.0 (+0.05%)
4770 図研エルミック 583 -35.0 (-5.66%)
6659 メディアリンクス 629 +100.0 (+18.90%)
3377 バイク王&カンパニー 220 +1.0 (+0.46%)
3839 ODKソリューションズ 404 +2.0 (+0.50%)
4361 川口化学工業 225 +5.0 (+2.27%)
3461 パルマ 1700 -22.0 (-1.28%)
3035 ケイティケイ 376 +8.0 (+2.17%)
8995 誠建設工業 721 0.0 (0.00%)
(8/25終値ベース、時価総額順)


明日騰がるボロ株予想!(08/28)

6862 ミナトホールディングス
3606 レナウン
3528 プロスペクト
5987 オーネックス
6112 小島鐵工所
2321 ソフトフロントホールディングス
7612 Nuts
8704 トレイダーズホールディングス
9704 アゴーラ・ホスピタリティー・グループ
6819 伊豆シャボテンリゾート
8256 プロルート丸光

銘柄選びに迷ったときは素直に投資顧問の銘柄に乗っかるのもひとつの手です。さらに言えば、どうせ乗るなら勝ち馬が良いわけで、銘柄情報の成績が優秀な投資顧問を選びたいです。その意味では株エヴァンジェリストがオススメです。なぜならここ最近の成績がかなり良いからです。さらに言えば、株価が軽めの銘柄を狙ったものが割と多いのも◎!

論より証拠ってことで↓
━━━━━━━━━━━━
[4316]ビーマップ
推奨日/買値2017年06月29日/522円
利確日/売値2017年07月11日/2184円
騰落率:318.39%UP
━━━━━━━━━━━━
[4278]トーセ
推奨日/買値2017年06月05日/929円
利確日/売値2017年07月04日/2800円
騰落率:201.40%UP
━━━━━━━━━━━━
[6734]ニューテック
推奨日/買値2017年01月25日/620円
利確日/売値2017年05月10日/1812円
騰落率:192.26%UP
━━━━━━━━━━━━
[3661]エムアップ
推奨日/買値2017年03月07日/1026円
利確日/売値2017年05月26日/2590円
騰落率:152.44%UP
━━━━━━━━━━━━
改めてみると本当に凄い成績だと思います。何しろ株価3倍、4倍にも上昇した推移をバシバシと言い当てているんですからね。ただ、株エヴァンジェリストの何が凄いかって、それは買い推奨するタイミングです。例えば、↑のビーマップなんて、6月29日に買い推奨していますが、その翌日から8連騰しているんです。まさに動意づく直前のタイミングだったってわけですね。

ちなみに株エヴァンジェリストの銘柄情報は、会員登録すればすぐに活用できます。しかも、新規の人には通常の銘柄情報とは異なる特別な内容を無料で教えてくれるというからぜひとも試してほしいところ。最近の成績から考えてもかなり期待できるかも?登録も無料だし、確認するだけ確認して損はなさそうですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■管理人がよく見ているサイト
テーマ別に注目銘柄を上げており分かりやすくてよいです。管理人の口が悪いw
ブタが印象的なサイト。旬な銘柄がランキング形式でわかるのが便利。
尚、特に「期待」できる銘柄についてはメルマガでの配信も行っている。 いつも記事を見て下さっている人はコチラからメルマガ登録をしてみて欲しい。
当ブログに掲載している記事の内容又はメールマガジンの内容に関して当ブログは一切の「助言」となる事項は行っておりません。投資に関する最終的決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。
▼WEB非公開の当ブログのメルマガ会員限定銘柄配信!! 2013-07-17 14.33.50
▼ランキングUP願う!!
にほんブログ村 株ブログ 低位株・ボロ株へにほんブログ村 株ブログ 株日記へ株式投資ブログランキングブログランキングblogramで人気ブログを分析banner02.gif
Ads by Cueinc.

通信障害で後場修羅場!!!

■今日は実家に帰るのでコメント返信出来ません。またコメントは承認制ですので、承認をお待ちください。■

●材料●

アセンテック
アセンテック、GPU の最先端企業 NVIDIA 社と パートナー契約を締結
→そんなにだけど寄らずストップ高

山王
導電性微粒子に関しての特許取得のお知らせ
→既出だけど寄らずストップ高

リサイクル関連
鉄スクラップ3割上昇 韓国鉄鋼大手など積極調達
※なぜかリチウムイオン電池にも結び付けられて
→エンビプロ ストップ高
→アサカ理研 一時+15%とか上げるも
→リネット 一時+15%とか上げるも

↓寄り後

ALBERT
11:00 ALBERT、技術者派遣大手のテクノプロ社とデータサイエンティスト派遣事業で協業
~1,800社を超えるテクノプロ・グループの顧客企業を対象に、共同でデータ分析コンサルティングを実施。
年間100名のデータサイエンティストを育成し1,000名規模を目指す~

→一時ストップ高の勢いで上げるも

情報セキュリティ関連
後場通信障害で一部証券会社繋がらず
→情報セキュリティ祭り
20170825ネットワーク障害で情報セキュリティ

●●●●

今日はやっとリバの日だ!
なのに上がらない富士通とかとりあえず損切
富士通 -68,048
富士通フロンテック -40,780
んで、安心して注目のAimingを仕込み視点で触っていました。
勿論いつもの下手糞トレードで
上がってJC

暴落して損切

取り返すために枚数増やして再イン

上がって安心して油断して逆指値しない

暴落して泣きそう

という状態で、確定損益-63,090円で、塩漬けマンにしては大量にポジションを持って後場に備えました。
すると・・・いきなりツールが落ちました!

大規模ネットワーク障害!!

ネットは繋がる!どうやら使えない証券会社はGMOクリック証券・SBI証券(地域差、もしくは回線差あり)と楽天証券(完全沈黙)
後は続々と復旧、もしくは遅いけど使えてる。
急いでスマホをWifiから4Gに切り替えてスマホツールを起動するも、こっちでも繋がらず。

「おい・・・待てよ・・・よりによってAiming大量保有してるんだよ・・・」

カブコム証券の方のツールは普通に使えるので、そっちでAimingを監視しながら、完全にお祈り状態!

しかも塩漬けマンのインした所で揉む・・・見る事しか出来ずに暴落しては嘆き、急騰しては歓喜。

そしてスマホでWifiから4G回線に切り替えてスマホツールにログインすると使えるようになっている!
なんとか注文出来るかも!

「よし!塩漬けマンはかつて農作業しながらマネゲ銘柄を乗りこなしていたスーパートレーダーなんだぜ?スマホさえ使えれば問題なくトレードしてやんよ?」

なわけな~~~~い!!!

落ちそうなので、逆指値してたら、見事に、塩漬けマンの逆指値を損切で狩って上がっていく展開に

「もういいや・・・(´・ω・`)ショボンヌ」

って思って見ていたら、ガンガン上がるAimingたん・・・

「はぁ・・・・(ノω・、) ウゥ・・」

と思ってスマホで持ち株を確認すると、なんと保有銘柄に含み益となっている【Aiming】の文字が!!

「Aimingたん!!!!どうしてそこにいるの?もしかして僕が好きで戻ってきてくれたんだね♪」

はい、スマホ操作ミスって、全株逆指値に出来ずに、分けて買った片方しか逆指値出来ていませんでした(*ノω・*)a゙テヘヘ…

こうなると、売った半分も、買い戻したくなります。
ずっとスマホ片手にいつでも注文出来るようにしてカブコムでチャートと板を眺めていたら、ジリジリ上げからグンッって上がったので我慢出来ずに成行で買いました。

はいジャンピングキャッチ!

この手の銘柄は大抵このあと急落します。
それでも耐えていたら、大引け前にグングン上がってプラ転+2%ぐらいで、勝利を確信か~ら~の~ナイアガラ!特大ナイアガラ!!

「また逆指値さぼっちゃってたんだな(/・ω・\)アチャー…」

でも頑張って耐えていたら(というか逃げ遅れて呆然自失)、大引けにかけてグングン上がるも・・・プラ転寸前で失速-0.36%引け

全ては月曜日に託された!
ジャクソンホール無難に過ぎ去って!

話は変わって、ネットワーク障害って、起きるの前提なんで、普通は回線を冗長化するんですよ。
まず知っておかないといけないとは、回線業者(NTT・KDDIとか)との回線契約はベストエフォートです。

最大限努力するけど保証しません

って契約です。
回線業者「障害起きたらごめんちゃい。頑張るけど、どんな問題が起きても僕し~らない♪」
なのでネットワーク障害が許されない会社等はどうするか。
別会社・別回線(物理的に。別会社でも大元の回線は物理的に同じの使ってるってあるので)の二本(以上)回線契約をし、主回線に障害が起きたら、自動的に待機回線に切り替わるのです。

勿論、待機回線は普段使われないので、ここに投資するのは経費の無駄と考える経営者もいますし、待機回線を用意しても普段使わないので安上がりにするために、帯域が細い回線契約をしたりします。
→問題が起きた証券会社はこっちの可能性あり

ツールが遅くなった人は待機回線に切り替わっていたけど、帯域が十分な回線でなかったパターンかと思います。
また、証券会社に届くまでのプロバイダーでもおそらく主回線から待機回線に切り替わっているでしょうから、こっちで遅くなっていたかもしれません。

全く繋がらなかった楽天証券は・・・結構問題だと思います。
待機回線を敷設していたのか?していたとして、正しいインフラ設計(回線業者・帯域)だったのか?自動切換えシステムは機能していたのか?ネットワーク設計に問題はなかったのか?

GMOクリック証券も、止まっていた顧客の使っていた回線について見直す必要があります。

さて、仮想通貨の方はリップル公式の思わせぶりなツイートは、大方の予想通り国際送金SWIFTとの融合でした。
これを受けて材料出尽くしか、リップルは急落
もう完全に日本の材料株マネゲと一緒ですね。
材料マネゲって世界中で起きる普遍的な事象のようです。

一方、インドの取引所に上場されるアルトコインは上がっています。
こういうのも株のIPOマネゲに近いです。

肝心のビットコインは50万うかがう展開から10万落ちるも、数日ですぐ47万まで戻しています。
押し目が短い!1日の、たった数時間ぐらいしかないじゃないか!!
狙っている人はいつでも買えるように口座と入金の準備は抜かりなく。

↓日本初のICOプラットフォーム開発のICOのアフィリエイト。塩漬けマンの今後の顛末が気になる方はコチラからCOMSAに登録をどうぞ
※登録するだけですので、お金はかかりませんし、1分で終ります。
COMSA登録

↓多数の種類の仮想通貨が買える取引所。口座開設はコチラからどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●ホールド中銘柄含み損益●
日経平均ブル2倍上場投信 -5,740
極楽湯 -2,564
グローバル社 +71,538
DMP +36,847
メディアドゥ +77,040
ニッポン高度紙 -10,355
Aiming -3,049
セントラル硝子 +97,887
日立化成 -38,296
日本カーボン +39,556
ヒーハイスト精工 +253,205
日本電産 -5,612
アドテックプラズマ +12,181
フェローテック +66,221
日立造船 +1,048
黒田精工 +15,666
任天堂 -3,967
日経225オプション 2017年09月 コール19,500 -20,270

■今日は実家に帰るのでコメント返信出来ません。またコメントは承認制ですので、承認をお待ちください。■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




8月28日 重要指標発表予定

時刻    地域    指標
16:30      スウェーデン    貿易収支-7月
17:00      欧州    マネーサプライM3(前年比)-7月
20:30      トルコ    住宅価格指数(前月比)-6月
20:30      トルコ    住宅価格指数(前年比)-6月
21:30      米国    卸売在庫(前月比)-7月
22:00      メキシコ    貿易収支-7月
23:30      米国    ダラス連銀製造業活動指数-8月

8月25日 騰落他指数

日経平均株価終値 19,452.61円  前日+98.84円

☆25D正味増減-691.98円

騰落銘柄数
・値上がり数
1,172

・値下がり数
711
騰落レシオ
95.97% 前日比(-2.58P)

RSI
32.6%  前日比(+6.5P)

出来高状況
134,361株(25日移動平均 166,768株)。

☆25日出来高移動平均の乖離率-18.8%【前日比-4.7P)】

サイコロジカルライン
25.0%( 3勝 9敗)
※上昇メド数値

移動平均線状況
①5日移動平均線 
19,403.6円 ( 当日株価との乖離+0.3%  )  前日比-3.6円

④25日移動平均線
19,793.0円 ( 当日株価との乖離率-1.7% )   前日比-27.7円

⑤75日移動平均線 
19,918.9円 ( 当日株価との乖離率-2.3% )   前日比-5.2円

売られすぎの8306三菱UFJFG

8月25日(金)15:20

大引け

日経平均株価

19401.12(9:00)

19485.97(14:22)

19384.37(9:05)

19452.61(15:00)

前日比△98.64 +0.51%

TOPIX

1596.04(9:00)

1600.89(12:39)

1593.09(9:05

1596.99(15:00)

前日比△4.79 +0.30%


週末8/25(金)日経平均株価は反発

為替の円高進行に一服感が出て、1ドル109円台半ばまで
円安に振れたため輸出関連銘柄中心に買いが先行

寄付 19401.12(9:00)△47.35

安値 19384.37(9:05)△30.60

商いは低調ながら為替の円高一服を背景に
買い戻しが入り反発して前引けを迎えました
東証1部の前場売買代金は8000億円未満

前引 19440.36(11:35)△86.59

後場になるとジャクソンホール結果を目前に
週末要因も加わり、買い戻しが入り3桁の上昇で推移しました

高値 19485.97(14:22)△132.20

日経平均株価は反発して引けました

大引 19452.61(15:00)△98.64  


日経平均株価は、8/9の大陰線(75日移動平均割れ)を機に
相場は下降局面に入りました。
メインプレーヤーの海外投資家の売り越し額が大きくなり
空売り比率が増加してきたのもこのタイミングです。

直近の空売り比率
8/24 41.7%
8/23 41.8%
8/22 41.2%
8/21 43.2%

8/18 42.3%
8/17 40.9%
8/16 39.3%
8/15 39.3%
8/14 40.1%

8/10 41.1%
8/9  41.7%

注目のイベント ジャクソンホール会議後のイエレン議長発言後
米国マーケットにどのように反映されるかまったくわかりませんが
その結果を8/28(月)の日本市場が反応します。
直近空売り比率が大きく積み上がっているため、特に大きな材料が出なくても
無難に通過して米国株が上昇し、ドル円相場が円安に振れた場合は
積み上がったカラ売りの買戻しが入ることになります。
仮に空売りの買戻しが一斉に入ると株価は一瞬切り返すことになります。

米国10年債利回り、ドル円相場、米国株に注目
米国株高、ドル高=円安日本株高
米国株安、ドル安=円高日本株安

8/28(月)空売りの買戻しが入るかどうか注目

日経平均株価 200日移動平均を維持できるか注目

その後は、9月、10月にかけて株価に影響を及ぼす可能性の高い
イベントが控えています。


9月、10月相場を占う重要イベント

米雇用統計の発表
9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)
米債務上限問題 

9/5米国議会再開
米国政治不安から、政府債務をめぐる問題に懸念。
連邦政府が国債を発行できる金額時法定限度額があり
上限を引き上げるためには議会承認が必要になります。
法定上限を一時的に外す特例は3月中旬に終わり
10月には限界を迎えます。
国債を発行できないと債務不履行(デフォルト)に
陥ってしまいます。
トランプ大統領の力が弱くなり政策不安から
このことが日米株価に重くのしかかってくるリスクがあります。

連邦債務上限引き上げの期限
連邦債務上限が引き上げられるかどうか
政府閉鎖を回避するための措置を可決させるために
12営業日しか残されていない

フィッチ・レーティングスは8/23に米国が連邦債務上限を
適切な時期に引き上げられなければAAA格付けを
引き下げ方向で見直す可能性を示唆

米債務上限問題がこじれると米国株安の可能性が出てきます
米国株安、ドル安=円高、日本株売り 

日経平均は200日移動平均の攻防になっています。
それに対して、コア銘柄の8306三菱UFJFGは、8/9にいち早く
200日移動平均を割り込み、下値模索の展開になっています。

チャートの勉強用監視銘柄5 初心者向き(8/25記)
8306三菱UFJFG 8/25終値664.3円
6/29高値777.7円形成後調整入り
8/25安値659.0円まで値幅調整が進みかなり良い水準まで
値幅調整が進んでいます。
下値メド 642.2円 
直近の空売り比率が積み上がっているため
今後買戻しの場面があればそれだけでも
利食いのチャンスになりそうです。
普通預金にある残高を当社株の時価水準から買い下がりに
移行すれば、健全な投資になりそうです。
1年保有しているうちに10%のキャピタルゲインと
18円の配当を得られる感じで、定期預金感覚の投資も
個人投資家の健全な投資手法といえるでしょう。


次回は、8/28(月)15:30 頃更新いたします。

8/24 19353.77円 ▼80.87円
日経平均PER 13.76倍
日経平均EPS 1406.52円

今後の下値メドと日経平均PER

200日移動平均線 19276円 日経平均PER13.70倍
19276÷1406.52=13.70

心理的節目 19,000円 日経平均PER13.51倍
19,000÷1406.52=13.51

心理的節目 18,500円 日経平均PER13.15倍
18,500÷1406.52=13.15

4/17安値18224.68円 日経平均PER12.96倍
18224.68÷1406.52=12.96

いつの時代も株は波乱相場の安いときに買って
数か月後の高いところで売るのが最も有効です。
残念ながら、日銀ETF買いで相場がいびつになっているため
安いところで買うことが難しくなっています。
今回はどこまで買いチャンスが来るかわかりませんが
9月~10月のチャンスを見定めていく方針です。


6/2以降の日経平均株価のレンジ

レンジ上限
6/2高値20239.81円 ドル円 6/2 111.71円
6/20高値20318.11円 ドル円 6/20 111.79円
6/29高値20266.59円 ドル円 6/29 112.14円
7/10高値20200.88円 ドル円 7/11 114.47円

レンジ下限
6/15安値19755.34円 ドル円 6/15 109.28円
7/7安値19856.65円 ドル円 7/7 113.11円
7/31安値19891.90円 ドル円 7/31 110.30円

8/9安値19660.22円 ドル円 8/9 109.74円 日経平均PER13.99倍
8/14安値19486.48円 ドル円 8/14 109.12円 日経平均PER13.80倍

8/18安値19433.09円 ドル円 8/18 108.97円 日経平均PER13.77倍
8/24安値19351.92円 (8/18以降下値模索中)

8/8まで25日移動平均の攻防
8/9 25日移動平均マイナス乖離広がる 75日移動平均マイナス乖離
8/18 19500円を割り込んで引け26週移動平均割れ 下値模索中


チャートの勉強用監視銘柄1 中級者向き(8/21記)
6121滝澤鉄工所 8/21終値184円
7月31日後場(14:00)に決算を発表
18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は
1億2600万円の赤字(前年同期は4800万円の黒字)に転落
決算発表を嫌気して
7/31終値176円▼14円 8/1安値170円で悪材料織り込み
ところが
8/4終値204円△26円 V4,004,000株 出来高急増株価上昇
8/7 244 248 187 189 ▼15円 V26,813,000株
248円まで買われ単発高で終わりました。
その後8/14安値171円が下値の岩盤になり180円台での
小動きになっています。
これは非常に面白い足取りです。

8/21時点 通常1カ月後くらいの周期で上昇することが多く
しばらく様子を見たうえで8月末くらいに安値付近を狙うのが
良いと考えます。  


チャートの勉強用監視銘柄2 初心者向き(8/21記)
8585オリコ 8/21終値179円 
2016年12/12高値235円(1番天井)
2017年2/1高値231円(2番天井)
その後日柄値幅調整に入りました。

7/28 15:00決算発表
18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は
前年同期比35.7%減の50.1億円に落ちこみ
4-9月期(上期)計画の171億円に対する進捗率は29.3%

8/14安値178円 8/18安値178円 かなり良い水準まで
調整が進み、調整最終段階に入ったようです。
今後の全体相場下落の場合は、もう一段の下げがあるでしょうが
ここからの突っ込みは、買いに分あり と考えます。
できれば171円、172円くらいで買いたいところです。

8/21時点 下げ最終段階と考えます。
今買っても年間利回り30%は取れると考えます。
ジャクソンホール、9月以降の米国、欧州の金融引き締めは
全体相場が波乱になる要素があるためもう一段の下げリスクがあります。
資金力のある投資家は、177円買い(第1弾の買い)その後は
どこまで下がるかわかりませんが、5円幅で買い下がりが有効
172円買い、167円買い
初心者の方は、全体相場急落時の突っ込み狙いが有効と判断。


チャートの勉強用監視銘柄3 初心者向き(8/22記)
2371カカクコム 8/22終値1342円
8/2午前11時40分 2018年3月期第1四半期(17年4-6月期)
連結決算を発表
売上106億5100万円(前年同期比5%増)
純利益は34億7900万円(前年同期比1%増)進捗率21.95%
158億5000万円(前年比7%増予想は据え置き)
収益の伸び悩みから売りものに押され急落
8/2 1447円▼63円 V4,538,200株
その後も下値模索となり
8/14安値1286円(暫定1番底形成)
その後8/21高値1380円まで切り返しに転じるも
戻りは鈍く、本日終値は1342円で取引を終了。
8/14安値1286円(2013年6月以来の4年2か月ぶりの安値)
でかなりの部分は織り込まれた模様。
8/22時点 8/2の決算発表で成長の鈍化を嫌気した
海外ファンドの売りが一巡。
すぐに上昇は望めないものの、6カ月定期預金
1年定期預金感覚で臨めば、1500円~1600円の戻りは
臨めると考えます。


チャートの勉強用監視銘柄4 中級者向き(8/22記)
8078阪和興業 8/22終値735円
今年の値動きはBOX圏での推移となっています。
レンジ下限 8/21安値718円 4/13安値729円 2/10安値695円
レンジ上限 8/10高値837円 7/10高値847円 5/15高値873円
      3/21高値848円 
昨日8/21安値は718円は、レンジ下限になります。
大底ではないため一定のリスクは生じますが第1四半期は無事通過
8/10 13:00決算発表
18年3月期第1四半期(4-6月期)の連結経常利益66.1億円
(前年同期比38.2%増)
通期予想240億円 進捗率27.54%
8/22時点 レンジ下限の範囲内で買い
上放れた場合はご縁なしとあきらめることも大切です。
買えた場合の売り目標は800円以上
上記レンジ上限付近が目標値となります。

8/24時点
監視を解除して待ち伏せ買いのタイミング 
レンジ下限の8/21安値718円を本日割り込みました。
8/24終値714円▼14円 安値710円
次のレンジ下限は2/10安値695円です。
710円くらいから5円刻みで買い下がってみるのも一策。
710円買い、705円買い、700円買い、695円買い
その際は、695円を割り込むと下降トレンドに入る可能性が高まりますので
680円前後でロスカット設定になります。


注:チャートの勉強用監視銘柄はあくまで本日現在の
外部環境下で私が判断したものです。
今後のリスク要因により全体相場が下落した際は
つれ安することもあるため御注意ください。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。

注:あえて難しい時期に買う場合は、投資資金の最小限に
とどめるのが賢明です。


株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

8月25日 レーティング情報

コード    銘柄名    ターゲット
2154    トラスト・テック    2600→3300円
2897    日清食HD    6540→6700円
3436    SUMCO    1900→1750円
3659    ネクソン    2450→3150円
3938    LINE    4800→3600円
4188    三菱ケミHD    1030→1300円
4205    ゼオン    1500→1600円
4290    PI    830→1190円
4543    テルモ    5800→6000円
4543    テルモ    5000→5200円
4568    第一三共    3000→3100円
4666    パーク24    4000→2800円
4739    CTC    4410→4540円
4901    富士フイルム    4300→4400円
4912    ライオン    2050→2150円
5101    浜ゴム    2500→2400円
5105    洋ゴム    2700→2800円
5108    ブリヂストン    4800→4600円
5711    三菱マ    3430→3850円
5714    DOWA    960→990円
6302    住友重    840→880円
6645    オムロン    4000→4700円
6727    ワコム    550→630円
6752    パナソニック    1180→1400円
6753    シャープ    330→280円
6849    日光電    2400→2500円
6890    フェローテック    1800→1900円
7012    川重    360→370円
7201    日産自    新規1200円
7202    いすゞ    新規1600円
7202    いすゞ    1420→1550円
7203    トヨタ    新規7600円
7203    トヨタ    6100→6400円
7205    日野自    新規1250円
7211    三菱自    新規860円
7212    エフテック    2000→2100円
7261    マツダ    新規2050円
7267    ホンダ    新規3500円
7269    スズキ    新規5850円
7270    SUBARU    新規4100円
7272    ヤマハ発    新規3000円
7518    ネットワン    950→1130円
7936    アシックス    2070→1850円
8113    ユニチャーム    2300→2500円
8303    新生銀    210→200円
8308    りそなHD    730→670円
8309    三住トラスト    4100→4300円
8316    三井住友    5000→5100円
8985    JHR    92000→90000円
9069    センコーGHD    970→1000円
9201    JAL    3600→4000円
9202    ANA    450→480円
9684    スクエニHD    4600→4700円
9984    ソフトバンクG    12200→14600円

投資主体別売買動向 8月第三週

直近週( 8月 第3週) 
⦿全体の状況+5,328「
買い越し」転換

海外投資家                            ▲205,710
生損保                                       +1,808
銀行                                   +10,448
信託銀行                                +46,480
その他金融                                +8,085
事業法人                                 +46,584
その他法人                              +7,723
投信                                  ▲26,099
個人                                  +116,009
(内信用)                               ( +80,944) 
✤①海外投資家:「売り越し」継続。
✤②個人    :「買い越し」継続。
✤③信託銀行 :「買い越し」継続。
✤④事業法人 :「買い越し」継続。

※参考
❒前週
⦿全体の状況-169,129「売り越し」継続。

海外投資家                            ▲274,672
生損保                                           + 7
銀行                                 ▲29,307
信託銀行                               +26,510
その他金融                               +4,634
事業法人                                 +47,035
その他法人                             +3,723
投信                                    +8,559
個人                                  +44,382
(内信用)                            ( +52,168) 
✤①海外投資家:「売り越し」継続。
✤②個人    :「買い越し」転換。
✤③信託銀行 :「買い越し」転換。
✤④事業法人 :「売り越し」継続。

8月24日現在 日銀ETF買い入れ状況

8月度購入状況

8月24日 購入額   12億円
8月23日 購入額   12億円
8月22日 購入額   12億円
8月21日 購入額  745億円
8月18日 購入額  745億円
8月17日 購入額   12億円
8月16日 購入額   12億円
8月15日 購入額   12億円
8月14日 購入額  745億円
8月10日 購入額  745億円
8月 9日 購入額  745億円
8月 8日 購入額  745億円
8月 7日 購入額   12億円
8月 4日 購入額  745億円
8月 3日 購入額  745億円
8月 2日 購入額   12億円
8月 1日 購入額   12億円

✤8月購入額合計         6,068億円
8月までの購入累計額 39,983億円

✤買付枠未消化残
     20,017億円

❖2017年度の月別状況

❒5月までの購入累計額  33,915億円

✤1月購入額合計         5,852億円
✤2月購入額合計         5,155億円
✤3月購入額合計         5,332億円
✤4月購入額合計         5,315億円
✤5月購入額合計         3,875億円
✤6月購入額合計         3,904億円
✤7月購入額合計         4,482億円

❒2016年度購入総合計金額     46,016億円
✤12月購入額合計          7,672億円(※月間購入額として過去二番目。)
✤11月購入額合計            3,771億円
✤10月購入額合計            3,068億円
✤9月購入額合計              8,303億円(※月間購入額として過去最高。)
✤8月購入額合計              3,786億円

 【参考】2015年度状況
2015年度購入累計額  30,694億円

データホライゾン(3628)の診断

保険者向けのジェネリック医薬品通知サービスが柱。



ポジティブ

なし


ネガティブ

売上の停滞

最高純利益を計上したのは2008年3月期決算の時で、そこから売り上げは低迷している。過去5年で見ても赤字決算を2回計上している。


まとめ
決算時期を変更しているので前年度との比較が難しい。あとなぜか有価証券報告書がが見つからないがどこに掲載しているのだろう。ホームページにもないし、金融庁のEDINETからぐぐっても出てこない。事業年度終了後3か月以内に提出しないといけないので、あと5営業日以内に提出すると思うが。

財務内容は可もなく不可もない。ただ過去5年で売上高も停滞し、赤字決算を2度計上している。今後の成長性に疑問なので見送り。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
応援クリックお願いします!m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

【プレノンを助けたい】プレノンファンは広告に寛容になれ!!

バフェット太郎です。

ブロガーには二種類います。お金を稼ぐブロガーと、稼がないブロガーです。

隠れ人気投資ブロガーのプレノンは、自身のブログで約二年半かけて累計20万PVを達成したことをこのように喜んでいましたが、彼にはこれまで1円も広告収益が発生していません。なぜなら広告を貼っていないからです。

だから今回の騒動でアクセスが伸びても彼は1円の得もしていないわけです。ちなみに何故、プレノンが広告を貼らないのかというと、貼ったところで広告収入なんてほとんど稼げないと諦めてることに加えて、広告に不寛容なファンが離れていくことを恐れているからに他なりません。 

個人ブログでお金を稼げることは広く知られていますが、実はそれを良く思ってない人たちもいるのです。その多くは50代以上の人たちで、インターネットでお金を稼ぐことは「楽してお金を稼ぐ行為であり、けしからん!」と、とにかくお金に強い拒否反応を示すわけです。

そのため、プレノンファンは広告を貼らないプレノンを称賛する人たちが多いのですが、彼らはプレノンの文章が素晴らしいとかタメになったと感謝するクセに、プレノンがその文章でお金を稼ぐことは"絶対に許さない"と言ってるわけです。













プレノン、そんなクソみたいなファン捨てちゃえよ

俺のブログの読者も大概クソだけど、お前のファンはそれ以下のクズだぞ













バフェット太郎がまだブログに広告を貼り始めたばかりの頃、「お気に入りから外しました。もう読みません」と、わざわざメッセージを寄せる読者がいましたが、そのたった一人の「貴重な意見」を無視したことで、バフェット太郎はその後数百万円もの広告収入を稼ぐことができました。

広告に不寛容な読者を無視した結果、バフェット太郎はお金を稼ぐことができたので、広告に寛容な読者に対して、タメになる記事やおもしろい記事を書こうという気持ちにもなるし、また、忙しい時でも読者のために(そしてお金のために)ブログを書き続けようというモチベーションの維持にも繋がりました。(みんな本当にありがとう!) 

一方でプレノンがブログを全然更新しないのは、経済的メリットが何もないからです。「プレノンの文章は好きだし応援してる、でもお金は絶対稼ぐなよ」って言ってくるクズのために、頑張ってブログを更新しようなんて思うわけないだろ。

だからプレノンファンはプレノンの文章が読みたかったら、プレノンの文章に金銭的な価値があることを認めて広告に寛容になるべきだし、プレノンに広告を貼るよう強く勧めるべきです。




プレノン、お前、広告貼って損失取り戻せよ!




グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

8月24日 SEMITECが大幅高。

現在大当たり中の銘柄(購入後の利益率+8%以上)
4080 田中化学研究所 (+26.84 %)
7172 JIA (+14.26 %)
6246 テクノスマート (+10.93 %)
4970 東洋合成工業 (+15.70 %)
6626 SEMITEC (+20.63 %)
7726 黒田精工 (+12.80 %)
6069 トレンダーズ (+10.16 %)

本日の日経平均は小幅安。
前日比-80円(-0.42%)の1万9353円で引けました。

マザーズ指数は前日比+0.05%と微増でした。

当ブログのモデル持ち株は、とりたてて好調というわけでもありませんが、
上げ下げ拮抗している中で、上がった銘柄がやや優勢というところです。

その印象を強くしてくれたのが、
前日比+10.30%で引けたSEMITEC。
こちらは持ち越しとしました。

それ以外は特別大きい動きにはなっていません。

というわけで、
本日の売却は2銘柄。
どちらも前場終値での売却です。

新規購入は5銘柄。
先日利確したUEXを買い直しています。

ランキングに投票をお願いします。

 

新規購入銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
9888 UEX 677 0.00 % 677 08/24 チャート
2315 カイカ 66 0.00 % 66 08/24 チャート
2345 アイスタディ 1,267 0.00 % 1,267 08/24 チャート
6664 オプトエレク 899 0.00 % 899 08/24 チャート
7961 兼松サステック 255 0.00 % 255 08/24 チャート

本日売却銘柄

コード 銘柄名 売却
価格
損益率 購入
価格
購入日 チャ
ート
売却日 保有
日数
売却
区分
4115 本州化学工業 1,164 -0.34 % 1,168 08/15 チャート 08/24 7日 前場終値
6246 テクノスマート 1,807 10.93 % 1,629 08/16 チャート 08/24 6日 前場終値

保有継続銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
4080 田中化学研究所 1,687 26.84 % 1,330 08/14 チャート
7172 JIA 5,450 14.26 % 4,770 08/15 チャート
4970 東洋合成工業 1,179 15.70 % 1,019 08/17 チャート
6626 SEMITEC 3,800 20.63 % 3,150 08/17 チャート
6823 リオン 2,039 4.03 % 1,960 08/17 チャート
7726 黒田精工 511 12.80 % 453 08/17 チャート
6049 イトクロ 5,620 4.27 % 5,390 08/17 チャート
1853 森組 207 2.48 % 202 08/21 チャート
6069 トレンダーズ 1,550 10.16 % 1,407 08/21 チャート
4115 本州化学工業 1,175 -1.26 % 1,190 08/21 チャート
3565 アセンテック 6,370 -1.39 % 6,460 08/21 チャート
5302 日本カーボン 4,060 -1.46 % 4,120 08/21 チャート
5304 SECカーボン 417 3.22 % 404 08/22 チャート
6272 レオン自動機 1,429 0.63 % 1,420 08/22 チャート
6035 IRJHD 1,635 3.88 % 1,574 08/23 チャート
2372 アイロムG 1,767 -0.23 % 1,771 08/23 チャート
7744 ノーリツ鋼機 1,224 1.32 % 1,208 08/23 チャート
2435 シダー 348 1.75 % 342 08/23 チャート
5906 エムケー精工 432 -1.14 % 437 08/23 チャート
7271 安永 1,960 1.77 % 1,926 08/23 チャート

2017年8月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
直近12カ月累積損益率: 411.21 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近12ヶ月
累積損益率
過去通算成績 4080銘柄 3.42 % 3.43日 1.00 % 19.95 %
2017年8月 72銘柄 0.45 % 5.14日 0.09 % 1.75 % 411.21 %