北朝鮮を巡る地政学的リスクの高まりの中でダウが上昇した意味

バフェット太郎です。

11日のNYダウ株式市場は、前日比+14.31ドル(+0.07%)高の2万1858.32ドルと四日ぶりに反発しました。反発した主な要因は利上げ観測が後退したためです。

労働省が発表した7月の米CPI(消費者物価指数)は前月比予想0.2%上昇に対して、結果0.1%の上昇と予想を下回りました。これを受けてミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は「CPIが軟調だったことは、インフレが上向くことが明確になるまで、FRBが利上げを中断する新たな理由になる」との見解を示しました。

FRBが利上げに踏み切るということは、米国経済の先行き見通しに自信を深めていることを示唆しているため長期的にはプラス材料です。しかし、利上げは金融引き締めを意味するので短期的にはマイナス材料にもなり得ます。そのため、今回は利上げの恩恵を受けるとされる金融株が売られたものの、金融緩和状態が長く続くことへの期待感からハイテク株を中心に買われました。

主要金融株のJPモルガン・チェース(JPM)は-0.84%安、ゴールドマン・サックス(GS)-0.60%安、シティ・グループ(C)-0.62%安、バンク・オブ・アメリカ(BAC)-1.08%安。

主要ハイテク株のアップル(AAPL)は+1.39%高、マイクロソフト(MSFT)+1.53%高、アマゾン(AMZN)+1.16%高、アルファベット(GOOGL)+0.70%高。フェイスブック(FB)+0.41%高でした。

また、こうした中で北朝鮮を巡る地政学的リスクがさらに高まりつつあります。

北朝鮮は「米国が朝鮮半島を核戦争の間際に追い込んだ」と非難する中、トランプ大統領はツイッターで「北朝鮮が愚かな行動をするならば、軍事的解決もやむを得ず、その準備は万端だ」とした上で、「(弾丸)の装てんは完了している」と述べ、北朝鮮を再び牽制しました。

意外だったのは週末に北朝鮮がどういった行動を取るかわからないのにも関わらず、株式市場はプラス圏で取引を終えたことです。別の言い方をすれば、多くの投資家たちは北朝鮮を巡る地政学的リスクをそれほど恐れていないことに加えて、米国経済の先行き見通しに自信を深めていることを意味します。

ということは、マーケットのリスクに対する耐性が低い(つまり油断している)ので、ネガティブ・サプライズが出た時の瞬間的な下落幅が大きくなる可能性が十分あります。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

アメリカがくしゃみをすれば日本はかぜをひく

 

Wall street bull


 

 

NYが下がれば日本も下がる(^_^;)

 

zuuonline.com

 

経済的に繋がりが深いアメリカ市場が調子悪いと日本も悪くなる...

 

 

昨夜はNY頑張ったので木曜日の分が日経先物に反映されている感じです。

取り合えず寄り付きは”おはぎゃー”でしょうけど、後場はある程度戻すパターンかな?

 

 

 

 


スイングトレードランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ

 

 

 

パッシブ投資は資本主義を破滅させるのか

バフェット太郎です。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、米大手ヘッジファンドのエリオット・マネジメント創業者ポール・シンガー氏は投資家向けの書簡に、「パッシブ投資には資本主義を破滅させる危険がある」と警告したとのこと。

これは、アクティブファンドが時間や費用などコストをかけて適正な企業価値を算出したり利益配分や経営陣の説明責任を追及しているのに対して、インデックスファンドはこれにタダ乗りしているだけだからです。

従って、インデックスファンドは初期段階では賢明なアイディアでしたが、多くの投資家たちがインデックスファンドだけに投資するようになれば、誰も積極的にコストをかけて適正な企業価値を算出しようとしなくなるため不正会計の温床にもなりやすく、必ずしも賢明なアイディアとは言えなくなるのです。

また、莫大な投資マネーがインデックスファンドに流入した場合、時価総額の大きい超大型株の株価ほど上昇しやすく、時価総額の小さい銘柄ほど保有比率が低下します。そのため、中・小型株に投資しているアクティブファンドの収益機会の好機が生まれやすくなります。

さらに、最近は企業による積極的な自社株買いに加えて株式分割の減少が株式市場の流動性を低下させているため、多くの銘柄は買い圧力が高まると株価も急騰しやすくなります。

とは言え、今のところは投資家が心配するような問題は起きていません。アップル(AAPL)やボーイング(BA)、マクドナルド(MCD)など一部の銘柄を市場を牽引しているのに対して、複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)は直近の高値から-20.78%と弱気相場を迎えています。

【ゼネラル・エレクトリック:GE】
1
ゼネラル・エレクトリック(GE)株は過去二回(01年ドット・コム・バブルと08年の金融危機)200日移動平均線を割り込み、その後大暴落しているので、今回は三回目の大暴落となるのではと懸念されています。

また、ダウ平均が史上最高値圏で推移する中、米国経済の先行指標として注目されやすいダウ輸送株20種指数が一時ー6%超急落していることから、米国景気の先行き見通しに対して警告を意味しているのかもしれません。

そう考えると、パッシブ投資が人気化しているとは言え、依然として適正な企業価値算出の機能が市場に働いていると言えます。別の言い方をすれば、先行指標となっているダウ輸送株20種が下落していることを考えれば、値上がりしているダウ平均との乖離はやがて解消される道筋を進むと考えれ、株価は一時的な調整局面を迎える可能性が高まっているというわけです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

スタジオアタオ(3550)の診断

店舗、ネットで自社ブランドの婦人用バッグ、財布を販売。

スタジオアタオ


ポジティブ

ROE 42.3%
売上高成長率 47.6%
売上高営業利益率 16.1%

2年連続増収増益にその間の成長率は158%と高水準だ。また小売業の平均売上高営業利益率は3.1%なので、その数値と比べるとかなり高いことがわかる。


ネガティブ

なし


まとめ
婦人用ブランドなので僕は知らないが、アタオは出店引き合いが多く順調に店舗数を拡大しているみたいだ。認知度はまだ高くはないみたいだが、リピーターが多くそれが好業績に繋がっているとみられる。

個人的に服飾小売業で高成長率に高利益率とTOKYO BASEに似ているものがあると感じる。
TOKYO BASEはすでに株価は上がっていて割安感というのは感じられなかったが、スタジオアタオはどうか。
まずPERは現在41.9倍とマザーズの小売業平均PER57.7倍と比較しても割安だ。次にPEGレシオは実績だと0.46倍と割安だが予想値は1.7倍と割安感はなくなる。
つまりこの先の成長率は鈍化する可能性があるということだ。そもそも50%近くの成長が毎年続くとは思っていないが、それでも僕はこの先も高成長率は期待できるのではないかと思っている。
なぜなら会社の中長期戦略として「トレンドに左右されない商品企画と、定番商品を人気商品化するノウハウ」を強みにしていることから、今までの高成長率の要因はブームに左右されていないことがわかる。つまり満足度の高い商品でブランドのファンを創出して、リピーターが増えたことによって高成長率が維持できているのではないだろうか。
まだ認知度は低いので、これからの出店や宣伝次第では成長のスピードが加速するかもしれない。

スタジオアタオはTOKYO BASEと同様に財務内容には問題なく、成長率や利益率は業界トップクラス級ではないだろうか。

年率50%という成長率は鈍化するかもしれないが、それでも僕は高成長率は維持できると思っているので現在の株価は割安だと思う。

評価
★★★★★

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
応援クリックお願いします!m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加