利食えるものは利食いしてさらなるステージを目指す

今日は、いくつかの銘柄を利食いしました。まず、現物で100株保有していた今村証券(7175)なのですが、1,233円で売却。取得単価は844円なので46.09%の利食いです。

ただ、今村証券はクロス取引で損失確定していて取得単価が引き下げられていると記憶しています。それでも現在の取得単価から4割以上の利食いならいいかなと。

次に原油ダブル・ブル(2038)の現物250口も売却。取得単価は774円で905円で売却。16.93%の利食いということで、ごく小さな利食いなのですが、現金確保の面から考えての売却です。

この銘柄は、信用買いでいくつかの建て玉があり、現引きしていました。現引きする前に一部の建て玉はクロス取引で損失確定も実行しています。

そして、さらに日本BS放送(9414)の現物100株も売却。取得単価は886円で売却単価は1,284円。44.92%の利食いで、こちらは、クロス取引での損失確定はしていないと思います。

今村証券、原油ダブル・ブル、日本BS放送のいずれも信用買い建て玉のポジションはなくなっています。

その売却代金を利用して、いくつかの銘柄を現引き。まず、アイモバイルを100株現引き。建て単価は1,026円でしたが、手数料を含めた現引き後の取得単価は1,034円となっています。

次にカドカワ(9468)を100株現引き。建て単価は1,383円でしたが、手数料を含めた現引き後の取得単価は1,393円となっています。

さらにスカパーJSATホールディングスを100株現引き。建て単価は471円なのですが、手数料を含めた現引き後の取得単価は473円。スカパーJSATホールディングスは、もともと現物で400株の保有があり、これで現物は500株(@464)となっています。

アイモバイル、カドカワは信用買い建て玉のポジションはなくなっていますが、スカパーJSATホールディングスは、まだ300株残っています。

まだ、現引きしたいと思っている銘柄だけでもいくつかありますから、適当なところでの利食いは必要となるのです。一銘柄で大きく儲けるのではなく、適度な利食いで銘柄を循環させて資産を増やす。

「三割の利食いが六回 続けば元本は四倍に増えている」とピーター・リンチも言っているように一銘柄で大きく儲けることだけが資産を増やす方法ではないと思うのです。

私の場合は絶対収益を追求しているのですから、大きなリターンを犠牲にしてでも利益の積み重ねは重要になります。追加資金を投入できない分、信用買いを利用しているのですから大敗だけは避けなくてはならないのです。

私が現在求めている絶対収益のリターンは年7~10%。今年は現時点で14%弱のリターンとなっていますから、これを守りきることが何よりも優先され、大勝は必要ありません。

土台を固めたうえで、大きなチャンスを待つ。これが、さらなるステージへの第一歩だと考えています。

今日のその他の約定としては、VIX短期先物指数(1552)をクロス取引で現物に変更。1552は株主併合の可能性が高く、現在現引きもできない状態です。今日、松井証券に問い合わせたところ、この先は未定ながら、信用買い建て玉は期日内に返済を強制される可能性もあるとのことなので現物に変更しておきました。

信用買いでポジションを大きく取っている投資家は今後の行方に注意が必要だと思います。

あとは、楽天ETF日経ダブルインバース(1459)のクロス取引を実行。信用買い建て玉の返済売りと新規買いのクロス取引なのですが、損失確定というわけでもなく、信用管理費の発生を回避するためのクロス取引です。1単元1株の場合の信用管理費は割高になりますから、その回避のためのクロス取引です。

一見、無駄な売買に見えたとしても、そこには合理的な理由が存在する場合も多々あります。私は私の投資手法を眈々と実行するのみです。

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

【MCD】マクドナルド、全世界で完全復活!株価は急騰!

バフェット太郎です。

ファストフード世界最大手のマクドナルド(MCD)が第2四半期決算を発表しました。全世界で既存店売上高が予想を上回るなど、内容は良かったです。

EPSは予想1.62ドルに対して、結果1.73ドルと予想を上回りました。

売上高は予想59億6000万ドルに対して、結果60億5000万ドルと予想を上回りました。

米既存店売上高は予想3.2%増に対して、結果3.9%増と予想を上回りました。

世界既存店売上高は予想4.0%増に対して、結果6.6%増と予想を上回りました。

海外主要市場は予想3.3%増に対して、結果6.3%増と予想を上回りました。

高成長市場は予想3.6%増に対して、結果7.0%増と予想を上回りました。

基礎的市場は前年同期比13%増と日本市場が大きく貢献しました。

売上高は前年同期比3.4%減と落ち込みましたが、これは直営店をフランチャイズ店に切り替えるなど再編を進めているためです。

米既存店売上高が上昇した主な要因は、1ドルの低価格ドリンクサービスや高価格帯のプレミアムサンドイッチなどの新商品が奏功し、客数が改善したためです。

また、近年、客足が健康的な食べ物を求めて高価格帯のファストカジュアルレストランに流れていましたが、この流れが一巡し、より安いファストフードチェーンに回帰していることがわかりました。

【マクドナルド:MCD】
4
予想を上回る決算発表を受けて、株価は前日比+4.75%高と急騰しました。

【経営成績】
1
前期、売上高が減少した一方、営業利益率は改善しました。これはドル高による海外収益の落ち込みと、直営店のフランチャイズ化に伴うものです。
2
一株当たりの純資産(BPS)がマイナスになっています。これはタバコ世界最大手のフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)同様、安定したキャッシュフローが期待できるためです。
3
本業の儲けを表す営業キャッシュフローは安定して黒字を達成しています。

現在、マクドナルドのFC比率は約9割と、安定した賃料とロイヤリティフィーが期待できるため、キャッシュフローが崩れる可能性はほとんどありません。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

一目均衡表「雲」上抜け銘柄

8316 三井住友フィナンシャルグループ
2502 アサヒグループホールディングス
8053 住友商事
2587 サントリー食品インターナショナ
1928 積水ハウス
9831 ヤマダ電機
3291 飯田グループホールディングス
9404 日本テレビホールディングス
4751 サイバーエージェント
2768 双日
6361 荏原製作所
8379 広島銀行
6674 ジーエス・ユアサ コーポレーシ
6995 東海理化電機製作所
6395 タダノ
4401 ADEKA
2337 いちご
8276 平和堂
6641 日新電機
7915 日本写真印刷
8130 サンゲツ
6376 日機装
8344 山形銀行
5715 古河機械金属
4775 総合メディカル
6751 日本無線
9873 日本KFCホールディングス
6470 大豊工業
4239 ポラテクノ
4813 ACCESS
9046 神戸電鉄
6866 日置電機
3678 メディアドゥ
5602 栗本鐵工所
8551 北日本銀行
6312 フロイント産業
3733 ソフトウェア・サービス
2445 エスアールジータカミヤ
7823 アートネイチャー
7822 永大産業
9534 北海道瓦斯
5992 中央発條
2393 日本ケアサプライ
2009 鳥越製粉
8349 東北銀行
8789 フィンテック グローバル
3328 BEENOS
7235 東京ラヂエーター製造
3900 クラウドワークス
8052 椿本興業
2344 平安レイサービス
7521 ムサシ
6901 澤藤電機
2929 ファーマフーズ
3751 日本アジアグループ
6627 テラプローブ
6322 タクミナ
4367 広栄化学工業
5915 駒井ハルテック
7444 ハリマ共和物産
7614 オーエムツーネットワーク
8101 GSIクレオス
6715 ナカヨ
3784 ヴィンクス
9836 リーバイ・ストラウス ジャパン
2112 塩水港精糖
7435 ナ・デックス
3909 ショーケース・ティービー
7872 As- meエステール
3969 エイトレッド
2538 ジャパン・フード&リカー・アラ
6046 リンクバル
2424 ブラス
6297 鉱研工業
6033 エクストリーム
8700 丸八証券
2352 エイジア
4800 オリコン
6492 岡野バルブ製造
8260 井筒屋
9930 北沢産業
4990 昭和化学工業
3059 ヒラキ
3439 三ツ知
7571 ヤマノホールディングス
9656 グリーンランドリゾート
9060 日本ロジテム
6164 太陽工機
3768 リスクモンスター
8040 東京ソワール
9361 伏木海陸運送
1989 北陸電話工事
5753 日本伸銅
3796 いい生活
7625 グローバルダイニング
7255 桜井製作所
8705 岡藤ホールディングス
(7/26終値ベース、時価総額順)


一目均衡表「雲」下抜け銘柄

8113 ユニ・チャーム
7309 シマノ
3391 ツルハホールディングス
9142 九州旅客鉄道
5110 住友ゴム工業
9706 日本空港ビルデング
8586 日立キャピタル
7180 九州フィナンシャルグループ
9086 日立物流
4681 リゾートトラスト
1377 サカタのタネ
2220 亀田製菓
2602 日清オイリオグループ
2004 昭和産業
8182 いなげや
5273 三谷セキサン
3385 薬王堂
1899 福田組
8202 ラオックス
6238 フリュー
6947 図研
8132 シナネンホールディングス
2573 北海道コカ・コーラボトリング
7971 東リ
8416 高知銀行
1827 ナカノフドー建設
1850 南海辰村建設
3154 メディアスホールディングス
3672 オルトプラス
2588 プレミアムウォーターホールディ
3648 AGS
3640 電算
4557 医学生物学研究所
2929 ファーマフーズ
9976 セキチュー
3969 エイトレッド
6046 リンクバル
3856 Abalance
9467 アルファポリス
7776 セルシード
7502 プラザクリエイト
6039 日本動物高度医療センター
5903 シンポ
9417 スマートバリュー
6031 サイジニア
7427 エコートレーディング
6542 FCホールディングス
6347 プラコー
8152 ソマール
7813 プラッツ
6466 東亜バルブエンジニアリング
3135 マーケットエンタープライズ
2304 CSSホールディングス
2481 タウンニュース社
9365 トレーディア
2479 ジェイテック
6397 郷鉄工所
(7/26終値ベース、時価総額順)


中期ゴールデンクロス銘柄

6504 富士電機 641 +14.0 (+2.23%)
1963 日揮 1796 +30.0 (+1.70%)
6361 荏原製作所 3295 +60.0 (+1.85%)
8586 日立キャピタル 2630 -58.0 (-2.16%)
5991 ニッパツ 1204 +4.0 (+0.33%)
9627 アインHLDG 8480 +40.0 (+0.47%)
7732 トプコン 2043 +2.0 (+0.10%)
8130 サンゲツ 1983 +10.0 (+0.51%)
7224 新明和工業 963 +27.0 (+2.88%)
5851 リョービ 494 -3.0 (-0.60%)
9543 静岡ガス 796 +9.0 (+1.14%)
7283 愛三工業 954 +4.0 (+0.42%)
4781 日本ハウズイング 3225 +55.0 (+1.74%)
6197 ソラスト 1591 0.0 (0.00%)
6480 日本トムソン 651 +9.0 (+1.40%)
8923 トーセイ 860 0.0 (0.00%)
9795 ステップ 1457 0.0 (0.00%)
7467 萩原電気 2346 +22.0 (+0.95%)
6485 前澤給装工業 1614 +4.0 (+0.25%)
1518 三井松島産業 1425 -1.0 (-0.07%)
2487 CDG 1854 +7.0 (+0.38%)
7961 兼松サステック 235 +3.0 (+1.29%)
4615 神東塗料 218 +4.0 (+1.87%)
6138 ダイジェット工業 188 +1.0 (+0.53%)
6069 トレンダーズ 1206 -77.0 (-6.00%)
7986 日本アイ・エス・ケイ 192 +4.0 (+2.13%)
(7/26終値ベース、時価総額順)


短期ゴールデンクロス銘柄

7751 キヤノン 3813 +5.0 (+0.13%)
6326 クボタ 1942.5 +37.0 (+1.94%)
4755 楽天 1345 -4.0 (-0.30%)
6502 東芝 285.4 +16.9 (+6.29%)
8697 日本取引所グループ 1996 -1.0 (-0.05%)
8227 しまむら 13630 -50.0 (-0.37%)
3231 野村不動産HLDG 2252 +51.0 (+2.32%)
4114 日本触媒 7220 +10.0 (+0.14%)
4544 みらかHLDG 5050 +65.0 (+1.30%)
1924 パナホーム 1198 +1.0 (+0.08%)
3549 クスリのアオキHLDG 5830 +190.0 (+3.37%)
6366 千代田化工建設 663 +14.0 (+2.16%)
8218 コメリ 3060 +226.0 (+7.97%)
7003 三井造船 160 +1.0 (+0.63%)
6796 クラリオン 431 +9.0 (+2.13%)
5988 パイオラックス 3095 +45.0 (+1.48%)
8367 南都銀行 3225 -5.0 (-0.15%)
7224 新明和工業 963 +27.0 (+2.88%)
3679 じげん 1729 +14.0 (+0.82%)
6080 M&Aキャピタルパートナーズ 5420 +210.0 (+4.03%)
4775 総合メディカル 5270 +325.0 (+6.57%)
3543 コメダHLDG 1817 -11.0 (-0.60%)
6454 マックス 1622 +1.0 (+0.06%)
9887 松屋フーズ 4210 -20.0 (-0.47%)
6055 ジャパンマテリアル 2049 -19.0 (-0.92%)
7593 VT HLDG 572 +3.0 (+0.53%)
2692 伊藤忠食品 4755 +10.0 (+0.21%)
8897 タカラレーベン 496 -7.0 (-1.39%)
6652 IDEC 1540 +27.0 (+1.78%)
6945 富士通フロンテック 1990 +176.0 (+9.70%)
4674 クレスコ 3605 +40.0 (+1.12%)
7873 アーク 117 +1.0 (+0.86%)
9622 スペース 1504 -5.0 (-0.33%)
5989 エイチワン 1255 +26.0 (+2.12%)
8374 三重銀行 2517 +9.0 (+0.36%)
1301 極洋 3100 -10.0 (-0.32%)
8350 みちのく銀行 185 0.0 (0.00%)
9619 イチネンHLDG 1263 +20.0 (+1.61%)
7554 幸楽苑HLDG 1822 -2.0 (-0.11%)
6541 グレイステクノロジー 6590 +320.0 (+5.10%)
6266 タツモ 2353 +3.0 (+0.13%)
6430 ダイコク電機 1740 +16.0 (+0.93%)
2351 ASJ 3010 +177.0 (+6.25%)
5659 日本精線 706 +4.0 (+0.57%)
3139 ラクト・ジャパン 4220 +80.0 (+1.93%)
4994 大成ラミック 2923 0.0 (0.00%)
4875 メディシノバ 591 -5.0 (-0.84%)
4464 ソフト99コーポレーション 899 +5.0 (+0.56%)
6916 アイ・オー・データ機器 1254 +25.0 (+2.03%)
9994 やまや 1606 +6.0 (+0.38%)
1964 中外炉工業 223 0.0 (0.00%)
6264 マルマエ 1491 +45.0 (+3.11%)
3319 ゴルフダイジェスト・オンライン 835 -13.0 (-1.53%)
4925 ハーバー研究所 3700 +5.0 (+0.14%)
6620 宮越HLDG 478 -4.0 (-0.83%)
7999 MUTOH HLDG 255 +3.0 (+1.19%)
4031 片倉コープアグリ 266 0.0 (0.00%)
4462 石原ケミカル 1788 +29.0 (+1.65%)
6901 澤藤電機 592 +3.0 (+0.51%)
6090 ヒューマン・メタボローム・テク 2095 -27.0 (-1.27%)
8929 青山財産ネットワークス 968 +11.0 (+1.15%)
5815 沖電線 280 +18.0 (+6.87%)
3374 内外テック 4290 +20.0 (+0.47%)
6061 ユニバーサル園芸社 2164 -6.0 (-0.28%)
4999 セメダイン 704 +6.0 (+0.86%)
6513 オリジン電気 313 +2.0 (+0.64%)
6161 エスティック 3340 +40.0 (+1.21%)
3674 オークファン 980 +3.0 (+0.31%)
3771 システムリサーチ 2281 -10.0 (-0.44%)
6159 ミクロン精密 3675 0.0 (0.00%)
4323 日本システム技術 1567 +107.0 (+7.33%)
2112 塩水港精糖 248 +2.0 (+0.81%)
7435 ナ・デックス 888 +11.0 (+1.25%)
1981 協和日成 718 0.0 (0.00%)
3909 ショーケース・ティービー 1220 +82.0 (+7.21%)
7865 ピープル 1853 +14.0 (+0.76%)
1420 サンヨーホームズ 644 +3.0 (+0.47%)
7760 IMV 479 +4.0 (+0.84%)
8518 日本アジア投資 444 +12.0 (+2.78%)
9318 アジア開発キャピタル 19 +9.0 (+90.00%)
7889 桑山 698 +14.0 (+2.05%)
3293 アズマハウス 1655 +2.0 (+0.12%)
7619 田中商事 749 +15.0 (+2.04%)
3131 シンデン・ハイテックス 3340 +10.0 (+0.30%)
2700 木徳神糧 707 -2.0 (-0.28%)
8166 タカキュー 233 +32.0 (+15.92%)
6629 テクノホライゾンHLDG 270 +1.0 (+0.37%)
3955 イムラ封筒 512 +4.0 (+0.79%)
8260 井筒屋 459 +24.0 (+5.52%)
2788 アップルインターナショナル 379 +1.0 (+0.26%)
8201 さが美 123 +2.0 (+1.65%)
9930 北沢産業 210 +5.0 (+2.44%)
6964 サンコー 461 +3.0 (+0.66%)
3598 山喜 296 +38.0 (+14.73%)
8045 横浜丸魚 563 +10.0 (+1.81%)
2747 北雄ラッキー 577 +6.0 (+1.05%)
2008 増田製粉所 358 +1.0 (+0.28%)
3377 バイク王&カンパニー 222 +2.0 (+0.91%)
4770 図研エルミック 496 +80.0 (+19.23%)
3316 東京日産コンピュータシステム 2256 +58.0 (+2.64%)
3143 オーウイル 827 -1.0 (-0.12%)
7255 桜井製作所 593 +14.0 (+2.42%)
3461 パルマ 1700 +50.0 (+3.03%)
1408 サムシングHLDG 475 -2.0 (-0.42%)
6716 テクニカル電子 229 0.0 (0.00%)
7939 研創 423 +3.0 (+0.71%)
2721 ジェイHLDG 676 +5.0 (+0.75%)
(7/26終値ベース、時価総額順)


鐘の音は…

 



Tesla

Tesla


 

 

某伝説の加藤あきらさん銘柄4406新日本理化に手を出すも張り付きが弱かったし

買値が高かったので薄利の238円で離脱...鐘の音は...聞こえない...

 

他も一律利確の波におされてました。

6881キョウデンはは無理やり5日線割らせて来た感じ(#・∀・)

どこもかしこも微妙な感じだから仕方ないか

 

持ち株で良かったのは9478 SE H&Iぐらいか

フランスに続いてイギリスも電気自動車化を推して来ました。

TOYOTAは全固体電池と電気自動車関連やリチウムイオン電池関連が買われています。

9478SEはzeptorという革命的な二次電池ベンチャーに出資して、

最近は見直し買いが入っているみたいです。

 

minkabu.jp 

半分損切りしたのが痛かった。

 

kabutan.jp

 

やはり半導体周辺は特需継続中(;´∀`)キョウデンまだ頑張って

 

 


スイングトレードランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ

 

今日も難しかった。というか自分が下手過ぎて凹む

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは承認制ですので、承認をお待ちください。■

●材料●

↓寄り前

オルトプラス
広井王子が総監督! フォワードワークス新作『ソラとウミのアイダ』発表会情報まとめ
※これ期待で前日+4%だった
※事前登録開始
→出尽くしで-6% ※でもこれで昨日+4%なんだから、下で拾ってる人は全然余裕ですよね。マネゲは早く乗った者勝ち

図研エルミック
図研エルミック、通信網を簡単に構築-FA機器向け支援ツール開発
→GUからストップ高

オンコセラピー
血液でがん診断、体の負担軽く オンコセラピー
→寄り天撃沈+0%引け

●●●●

ん~・・・疲れた。
昨晩はダウが無敵の強さで上げて、先物も上がって、今日は天国相場かな♪っておもってたら、結局
大型は寄り天系
新興は軟調→好調→軟調
と振り回される展開。

とりあえず、今はボックスなので、日経は上がったら売らないとなので、朝一で持ち越した日経レバを利確+33,030
レナウン244円という神ショートを微損撤退したら下がりました・・・(´・ω・`)ショボーン
サイバーステップ買って微益撤退
オンコセラピー寄りで買って微損撤退-8,263
今日も同じ材料のPSSとか調子よく上げてたのに、どうしてオンコセラピーはダメなんでしょうね。

今日はアジア開発がマネゲってました。
10円→19円の+90%
凄いですね。
低位では原弘産も+25%(24円→30円)でした。
一方の最終日のタカタ一時+50%をつける意地を見せてくれました。
最後は-18%の18円でフィニッシュ!お疲れ様でした。
なんか東芝も一時+9%とか変な事になっていました。
リチウムイオン電池で田中がストップ高で、オハラも+7%でした。
昨日から動意の新日本理化はストップ高で終了。
直近IPOではレオス大量保有で昨日から動意のツナグが連騰+12%
ユニネクもストップ高と来てました。
山喜は怪しいネタや煽りで一時ストップ高の+14%

一方の撃沈した方ではファステップスが寄り天系で-10%
児玉化学もGUから-2%でした。

塩漬けマンのアルメディオもGDから耐えてたら、グングン上がって、勝利を確信したのが間違いでした・・・
上で利確出来ませんでした(´・ω・`)ショボーン
また爆益を逃したんだお・・・
うまく急騰前に拾ったのに、結局プラマイ0ぐらいで終了・・・上で利確出来ない病を直さないと、こういうマネゲでは勝てません。

さて、決算続々出ています。
アドバンテスト、結構酷い決算でした。
GDし過ぎなかったら空売りしたいです。
後はLINEも酷い決算を出しました。
↓こっちだけ見ると超絶ですが・・・
平成29年12月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)
↓この特別利益100億がなければ赤字です
その他の営業収益(事業譲渡益)の計上に関するお知らせ

下の方を見ずにPTSでストップ高で買った人もいます。
明日運よくGUで高く始まったら空売りしたいです。

下げてる時に上手く拾わないと買えないので、プラズマを拾っておきました。
狙ってる銘柄は決算終わったのから拾っていきたいです。

なんかソシャゲ関連も資金が集まらなくなってきてるので、別の盛り上がるテーマが来たら、うまく乗りこなさないとです。
ただ、enish、ビーマップ等の秋元関連は崩れてましたが、ブロッコリーが+6%が凄いな~って思いながら見てました。

仮想通貨はまた下がり出しましたが、情報収集は抜かりなくしながら、一喜一憂しないようにしたいです。
しかしそろそろ税金を明確にして欲しいです。
というのも、ビックカメラ全店でビットコイン支払いが出来るようになるし、早くしないと手遅れになります。
飲食代ぐらいの脱税ならどうでもいいですが、100万のテレビを買って脱税はさせれないでしょうし、買う方も脱税が怖くて買えないです。
多分法律的には
仮想通貨→仮想通貨・・・課税
仮想通貨→物購入・・・課税

が正しいと思います。
※ネットでは上記は課税されないという論調
↓多分この人の見解が法律的に正しいと思います
ビットコインの所得課税がヤバい【BTC(仮想通貨)】
※ただし、ここにもあるように正確には「国税庁は、まだ、検討中とのこと」です。なので早く決定して欲しいです。

とにかく、金とかと一緒の扱いなので、売って(決済して)利益が出た段階で課税です。
ただし、物購入の場合・・・計算も徴税も大変だと思いますよ。
国税庁はいかに国民から税金を取るかしか考えていませんが、原則論を捨てて、徴税や納税する人の気持ちと手間を考えて現実的な方針を示して欲しいです。

↓多数の種類の仮想通貨が買える取引所。口座開設はコチラからどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓日本最大手の取引所。ここ経由で提携サイトで買い物したらビットコインが貰えちゃう。口座開設はコチラからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

●ホールド中銘柄含み損益●
極楽湯 -1,169
フュートレック +7,803
芦森工業 +161,384
DMP -20,067
メディアドゥ +40,007
ケイブ +65,912
ドリコム -37,895
ユークス +13,572
アライドアーキ +37,693
グリーンズ +42,330
プラズマ -4,514
フェローテック +72,666
トランザクション +21,021
クルーズ +74,400

■忙しいと申し訳ありませんが、コメント返信出来ない事があります。またコメントは承認制ですので、承認をお待ちください。■
↓応援クリックして頂けると感謝感激です(´・ω・`)




7月27日 重要指標発表予定

時刻    地域    指標
8:00      韓国    GDP(季調済/前期比)-2Q
8:00      韓国    GDP (前年比)-2Q
10:30      中国    工業利益(前年比)-6月
10:30      豪州    輸出物価指数(前期比)-2Q
10:30      豪州    輸入物価指数(前期比)-2Q
15:00      ドイツ    GFK消費者信頼感調査-8月
16:00      スウェーデン    消費者信頼感指数-7月
17:00      欧州    マネーサプライM3(前年比)-6月
17:30      香港    貿易収支-6月
18:30      南アフリカ    生産者物価指数(前年比)-6月
18:30      南アフリカ    生産者物価指数(前月比)-6月
19:00      英国    CBI流通取引調査[報告済売上高]-7月
20:00      トルコ    トルコ中銀 翌日物借入金利-7/27
20:00      トルコ    トルコ中銀 後期流動性貸出金利-7/27
20:00      トルコ    トルコ中銀 政策金利-7/27
20:00      トルコ    トルコ中銀 翌日物貸出金利-7/27
21:30      米国    耐久財受注(前月比)-6月
21:30      米国    卸売在庫(前月比)-6月
21:30      米国    シカゴ連銀全米活動指数-6月
21:30      米国    新規失業保険申請件数-7/22
21:30      米国    耐久財受注[除輸送用機器](前月比)-6月
21:30      米国    失業保険継続受給者数-7/15
22:00      メキシコ    貿易収支
0:00      米国    カンザスシティ連銀製造業活動指数-7月

7月26日時点 日経225 オプション 建玉他残高状況

                                                                                                                                                                                                           
❒日経225 オプション 建玉他残高状況
《 8月限月 》
7月26日時点上段:出来高
下段:建玉
権利行使別残高
●コール ●プット
585210000
83213
378208750
29031
953207500
968911
1063206250
813421
2923205001
1399850
26152037513
438187
15382025051
69001021
134720125193
36721898
294200001091
51366423
235198751083
11482328
119750803
10117866
019625723
413346
0195002354
13110990
0193751096
93311
0192501501
105983
019125635
52640
0190001757
20811680

7月26日 騰落他指数

日経平均株価終値 20,050.16円  前日+94.96円

☆25D正味増減-180.25円

騰落銘柄数
・値上がり数
952

・値下がり数
939
騰落レシオ
104.81% 前日比(-5.14P)

RSI
48.5%  前日比(+2.3P)

出来高状況
172,777株(25日移動平均 167,146株)。

☆25日出来高移動平均の乖離率+3.4%【前日比+14.0P)】

サイコロジカルライン
58.3%( 7勝 5敗)

移動平均線状況
①5日移動平均線 
20,045.1円 ( 当日株価との乖離率0.0%  )  前日比+5.9円

④25日移動平均線
20,083.1円 ( 当日株価との乖離率-0.2% )   前日比-7.2円

⑤75日移動平均線 
19,666.5円 ( 当日株価との乖離率+2.0% )   前日比+15.9円

材料株物色の難しい場面

7月26日(水)15:35

大引け

日経平均株価

20098.14(9:00)

20116.00(9:38)

20016.58(13:40)

20050.16(15:00)

前日比△94.96 +0.48%

TOPIX

1626.20(9:00)

1628.46(9:05)

1617.39(13:42)

1620.88(15:00)

前日比△3.81 +0.24%


日経平均株価は4日ぶりに反発

前日の売国株高、円安進行を背景に
買い先行で始まりました

寄付 20098.14(9:00)△142.94

高値 20116.00(9:38)△160.80

寄り後20,100円台に乗せる場面がありましたが
買い一巡後は利益確定売りに押され
じりじりと上げ幅を縮小して前引けを迎えました

前引 20048.62(11:35)△93.42

後場は狭いレンジでの方向感に欠ける推移となりました
後場上下幅49.66円

安値 20016.58(13:40)△61.38

日経平均株価は4日ぶりに反発して引けました

大引 20050.16(15:00)△94.96


前日のNASDAQ指数、S&P500指数そろって
終値で過去最高値を更新
市場では今晩のFOMCの結果が注目されています。
FOMCの声明内容が資産圧縮や追加利上げのペースについて
タカ派的な発言にはならないとの観測が大勢的です。

市場ではハト派的な声明文となった場合にドル安円高が
進むことへの警戒感藻危惧されています。

直近は日経平均の為替感応度が以前よりも低下していますが
それでも基本的には
円安ドル高、米国株堅調=日本株上昇 の構図は変わりありません。

日経平均株価は20,000円を挟んでの推移となっています。
大きく売り込まれることはありませんが、上方向に行くことも考えにくく
主力株もインデックス同様に方向感に欠ける展開になっています。

腕に覚えのある投資家は、材料株、テーマ株で稼ぐことは可能です。

一般の個人投資家は、儲からないときは様子見、休むも相場
むやみに売買を繰り返す場面ではありません。


すさまじい日足チャート
1789山加電業のすさまじいチャートは現在も生きています。
本日737円まで売り込まれる場面がありましたが
下ひげを引いての陽線で引けました。
6/30以降の陽線18本 陰線3本
今週末くらいに大陽線が立つ可能性が高いと考えます。

注:株価は高値圏ですので、チャートの勉強にお使いください


8093極東貿易 3328BEENOS 7/25記載のまともな銘柄2銘柄
極東貿易の押し目は面白そうです。
BEENOSは出来高が増加し昨日に続き陽線が立ちました。
両銘柄ともに株価は生きています。

インスペック昨日以下のように記載しましたが
やや雲行きが怪しくなってきました。
底値付近の買いは、いったん利食いが良いと考えます。
今後の上昇分は儲けそこないでよいではありませんか。
以下は7/25記載内容
6656インスペックは、2/2高値1674円を目前に上値が重くなっています。
相場は壊れてはいませんが、7/19高値1591円から4営業日経過したため
微妙な時期になりました。
明日以降早い時期に大陽線が立ってもおかしくありませんが
いったん調整するかもしれません。
難しいところです。
5分5分といった感じです。
以上が7/25記載内容


コメントのご返事

ご無沙汰してます。
4563第一三共買値2430円
4503アステラス製薬1350円参考銘柄ですが。
アドバイスお願いいたします。

コメントありがとうございます。
4568第一三共 今期営業益+12.4%
三共は大型薬の高脂血症薬「メバロチン」特許切れで売り上げ減
第一製薬は抗生物質「クラビット」以外に大型品が育たず頭打ち
悪材料は株価に織り込み、現在レンジ下限付近に位置しています。
レンジ下限 2400円割れ
レンジ上限 2600円水準
今後は全体相場の影響も受けますが、レンジ上限付近で
いったん利食いが良いと考えます。

4503アステラス製薬 今期営業益-2.6%
排尿障害治療薬「ハルナール」や免疫抑制剤「プログラフ」が米国特許切れ
過活動膀胱治療薬「ベシケア」に次ぐ主力製品として「ベタニス」発売
最悪期を脱したものの直近にかけても国内外ファンドの売りで
上値が重くなっています。
買いコストを大きく割り込むことは考えにくく
年後半の切り返しの場面を待つのが良いと考えます。

現在の相場は方向感に欠け、主力銘柄は膠着感の強い相場になっています。
このような相場では中小型株材料株が優勢となります。
主力銘柄は、中長期で結果を出す以外ありません。

コメントについては本日現在の株価見通しです。
今後の市場環境、業績の推移で株価判断は
大きく変わることがありますのでご注意ください。
内容はすべて本日現在の投資判断です。

ご自身でご決断ください。



次回は、7/27(木)20:00~21:00 頃更新いたします。

6/2以降の日経平均株価のレンジ

レンジ上限
6/2高値20239.81円 ドル円 6/2 111.71円
6/20高値20318.11円 ドル円 6/20 111.79円
6/29高値20266.59円 ドル円 6/29 112.14円
7/10高値20200.88円 ドル円 7/11 114.47円

レンジ下限
6/15安値19755.34円 ドル円 6/15 109.28円
7/7安値19856.65円 ドル円 7/7 113.11円

日本市場のメインプレーヤー海外投資家は
政局不安を最も嫌います。(7/18記)
過去最低のトランプ大統領支持率36%を下回る
安倍内閣支持率29.9%
時事通信が7/7~7/10に実施した7月の世論調査では
安倍内閣支持率が前月比15.2ポイント減の29.9%となり
第2次安倍内閣発足以降初めて30%を切りました。

トランプ大統領の不人気は過去最低ですが
安倍総理支持率は、さらに低くなったことが気がかりです。
ワシントンポストと米ABCニュースが共同世論調査
トランプ米大統領支持率 過去70年の歴代大統領で最低36%
今後の安倍総理支持率低下が長引くことになると日本株にとって
重しになることは間違いありません。
今後の内閣改造、経済重視の政策に期待するしかありません。

米欧の金融引き締めの流れには今後注意が必要(8月下旬以降)
FRBは早ければ9月にも工程表に沿ってバランスシートの圧縮に着手か。
6/27のドラギECB総裁の発言以降、ECBの出口戦略に市場が注視。

株式投資は値幅が利益になるため、膠着相場が長引くと
投資妙味に欠ける投資の場と化してしまいます。
儲からないとき、わからないとき、迷ったときは
休んで様子を見ることと、買いポジションを減らし
現金ポジションを高めることは、最大のリスクヘッジになります。
儲けそこないは良しとして、休むも相場です。
相場は強いのですが、儲かる相場ではありません。
早めの夏休みとして、じっくり構える時と考えます。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

7月26日 レーティング情報

コード    銘柄名    ターゲット
3092    スタートトゥ    2350→3500円
3593    ホギメディ    7000→8000円
4063    信越化    11750→12000円
4063    信越化    11300→12000円
4502    武田    5800→6000円
4516    日本新薬    新規8600円
4661    OLC    5750→6000円
4684    オービック    5700→6400円
4733    OBC    4200→4500円
4733    OBC    5400→5700円
4751    サイバエージ    4140→4300円
6136    OSG    2200→2500円
6146    ディスコ    17500→21000円
6183    ベル24HD    1170→1400円
6302    住友重    710→760円
6315    TOWA    2220→2180円
6448    ブラザー    2900→3000円
6702    富士通    820→1100円
6755    富通ゼネ    2500→2600円
6762    TDK    10500→11200円
6963    ローム    7800→9200円
6967    新電工    950→910円
6971    京セラ    5600→6650円
6971    京セラ    6700→7000円
6976    太陽誘電    1900→2200円
6976    太陽誘電    1450→1900円
6981    村田製    17500→19600円
6988    日東電    9700→10500円
7013    IHI    250→300円
7205    日野自    1150→1170円
7211    三菱自    730→840円
7984    コクヨ    1750→2000円
8439    東センチュリー    3900→4600円
8586    日立キャピ    3100→2800円
8593    三菱Uリース    650→680円
9766    コナミHD    3875→4550円
9984    ソフトバンクG    新規12600円

7月25日現在 日銀ETF買い入れ状況

7月度購入状況

7月25日 購入額  719億円
7月24日 購入額  719億円
7月21日 購入額  719億円
7月20日 購入額   12億円
7月19日 購入額   12億円
7月18日 購入額  719億円
7月14日 購入額   12億円
7月13日 購入額   12億円
7月12日 購入額  719億円
7月11日 購入額   12億円
7月10日 購入額   12億円
7月 7日 購入額   12億円
7月 6日 購入額   12億円
7月 5日 購入額  719億円
7月 4日 購入額   12億円
7月 3日 購入額   12億円

✤7月購入額合計         4,434億円
7月までの購入累計額 33,867億円

✤買付枠未消化残
     26,133億円

❖2017年度の月別状況

❒5月までの購入累計額  29,433億円

✤1月購入額合計         5,852億円
✤2月購入額合計         5,155億円
✤3月購入額合計         5,332億円
✤4月購入額合計         5,315億円
✤5月購入額合計         3,875億円
✤6月購入額合計         3,904億円

❒2016年度購入総合計金額     46,016億円
✤12月購入額合計          7,672億円(※月間購入額として過去二番目。)
✤11月購入額合計            3,771億円
✤10月購入額合計            3,068億円
✤9月購入額合計              8,303億円(※月間購入額として過去最高。)
✤8月購入額合計              3,786億円
✤7月購入額合計              2,928億円
 【参考】2015年度状況
2015年度購入累計額  30,694億円

グランディーズ(3261)の診断

大分、別府が地盤の不動産会社。


ポジティブ

ROE 16.1%
ROA 12.3%
PER 8.7倍(投稿現在)
売上高営業利益率 15.6%

不動産業の売上高営業利益率の平均14.1%は他業種と比べて高いが、その中でも高水準ということがわかる。
さらに現在のPERが8.7倍とマザーズの不動産業平均の12.2倍と比較しても割安感がある。


ネガティブ

営業CF ▲2億4700万円

前年度の営業CFが1200万円のマイナスだったので2年連続している。


まとめ
右肩上がりではないにせよ、売上高成長率は過去4年で約30%伸びてきているので悪くはない。ただ四季報にはその勢いが鈍化すると予想されているので、いまの成長を今後も継続できるかが心配だ。

自己資本比率は60.8%と悪くはないが、営業キャッシュフローのマイナスが続くようであれば今後悪化していく可能性がある。

利益率が良く、割安な銘柄であるため買える要素はそろっている。しかしいまの財務内容がよくても、今後悪化する可能性を十分秘めているので手を出せない。

評価
★★☆☆☆

にほんブログ村 株ブログへ
応援クリックお願いします!m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

【GOOGL】アルファベット急落でFAAMG株に黄色信号!!

バフェット太郎です。

インターネット検索で世界首位のアルファベット(GOOGL)が第2四半期決算を発表しました。

EPSは予想4.43ドルに対して、結果5.01ドルと予想を上回りました。

売上高は予想256億1000万ドルに対して、結果260億1000万ドルと予想を上回りました。

純利益は35億2000万ドル(前年同期は48億8000万ドル)と、前年同期比28%の減益に落ち込みました。減益となった主な要因は、欧州連合(EU)の規制当局に支払った27億ドル(約3000億円)の制裁金が響いたためです。一方で広告事業は好調でした。

広告クリック数は前年同期比52%増加しました。これは過去数年間で最も高い伸び率となりました。

一方で、広告主が支払う1クリック当たりの単価は23%減少しました。

広告クリック数が増加した背景には、スマートフォンの普及により、ユーザーのインターネット閲覧時間が増えたためです。しかし、グーグルはクリックを獲得するために51億ドルものコストを支払っていることも忘れてはいけません。

例えば、「iPhone」のユーザーがグーグルの検索エンジンでググった場合、グーグルはアップルに料金を支払っているのですが、これはモバイル機器からのトラフィック(データ量)が増えるにつれて料金も増加します。また、このトラフィック獲得コストは前年同期比28%増と、売上高成長率の21%を上回っていることから、収益を上げるためにより多くのコストが掛かるなど、利益率が悪くなっていることがわかります。

広告主が支払う1クリック当たりの単価が減少したのは、パソコン画面の広告単価より、スマートフォン画面の広告単価の方が安いためです。ユーザーによるパソコンの利用時間が減少する一方、スマートフォンの利用時間が増加したことが背景にあります。

広告事業に次ぐ第二の収益柱として存在感を高めつつあるクラウド事業の売上高は、42%増の30億9000万ドルでした。

現在、アルファベット(GOOGL)の売上の約9割を広告事業が占めていますが、ラリー・ペイジCEOは将来的にはクラウド事業がそれを上回る日が来るとみています。

【経営成績】
1
売上高、営業利益、純利益、すべてが上昇傾向にあるものの、スマートフォンの普及で広告単価が減少傾向にあることや、トラフィック獲得コストが増加傾向にあることを背景に、営業利益率が低下傾向にあります。
2
アルファベットは無配を貫いています。これは、自社事業に再投資しているためで、別の言い方をすればEPSの上昇は絶対に達成しなければなりません。今のところ、通期を通して一度も減益になっていません。
3
本業の儲けを表す営業キャッシュフローは順調に拡大しています。

予想上回る決算発表も、株価は-3.01%安と急落しています。これは、年初来で26%高と期待先行で上昇していたことの反動だと思うので、他のFAAMG株も同様に材料出尽くしから売られやすくなっていると考えた方が自然です。

【アルファベット:GOOGL】
4
アルファベットの株価はダブルトップを形成したあと反落し、50日移動平均線を下にブレイクアウトしています。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

7月25日 今日も地味な一日。

現在大当たり中の銘柄(購入後の利益率+8%以上)
3250 ADワークス (+17.65 %)
6494 NFKHD (+9.88 %)

本日の日経平均は微減。
前日比-20円(-0.10%)の1万9955円で引けました。

マザーズ指数は前日比+0.41%と小幅高です。

当ブログのモデル持ち株は、今日も地味な一日でした。
持ち株の数はけっこう多いけれど、大きく動く株がありません。
さりとて損害が広がるというわけでもなく・・・

というわけで、
本日の売却は4銘柄。
いずれも前場終値での売却です。

新規購入は11銘柄でした。

新しく買いたい銘柄はけっこう見つかるんですよね。
でも大当たり銘柄がなかなか出てこないのは、
思わせぶりな銘柄ばかりということですね。苦笑

ランキングに投票をお願いします。

 

新規購入銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
4274 細火工 918 0.00 % 918 07/25 チャート
2788 アップルイン 378 0.00 % 378 07/25 チャート
6208 石川製作所 1,270 0.00 % 1,270 07/25 チャート
2497 ユナイテッド 3,170 0.00 % 3,170 07/25 チャート
3907 シリコンスタ 5,840 0.00 % 5,840 07/25 チャート
5781 東邦金属 155 0.00 % 155 07/25 チャート
6862 ミナトHD 124 0.00 % 124 07/25 チャート
5216 倉元製作所 242 0.00 % 242 07/25 チャート
6958 日本CMK 1,052 0.00 % 1,052 07/25 チャート
6516 山洋電気 1,246 0.00 % 1,246 07/25 チャート
6188 富士ソフトSB 1,110 0.00 % 1,110 07/25 チャート

本日売却銘柄

コード 銘柄名 売却
価格
損益率 購入
価格
購入日 チャ
ート
売却日 保有
日数
売却
区分
2134 燦キャピタル 95 6.74 % 89 07/07 チャート 07/25 11日 前場終値
3250 ADワークス 50 17.65 % 42.5 07/07 チャート 07/25 11日 前場終値
4080 田中化学研究所 982 7.32 % 915 07/20 チャート 07/25 3日 前場終値
2160 ジーエヌアイ 674 -4.80 % 708 07/21 チャート 07/25 2日 前場終値

保有継続銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
8894 原弘産 24 4.35 % 23 07/03 チャート
1491 中外鉱業 30 -3.23 % 31 07/10 チャート
6050 Eガーディアン 2,535 6.74 % 2,375 07/12 チャート
3776 BBタワー 256 -1.92 % 261 07/12 チャート
3558 ロコンド 2,258 5.51 % 2,140 07/14 チャート
8918 ランド 17 -10.53 % 19 07/18 チャート
3689 イグニス 4,785 -3.82 % 4,975 07/18 チャート
3891 高度紙 1,450 3.57 % 1,400 07/19 チャート
6932 遠藤照明 1,258 1.94 % 1,234 07/19 チャート
7247 ミクニ 510 0.00 % 510 07/20 チャート
8247 大和 125 -2.34 % 128 07/20 チャート
6494 NFKHD 89 9.88 % 81 07/20 チャート
6145 日特エンジ 3,510 0.43 % 3,495 07/21 チャート
2150 ケアネット 1,970 1.81 % 1,935 07/21 チャート
6955 FDK 152 4.83 % 145 07/21 チャート
6628 オンキヨー 293 5.40 % 278 07/21 チャート
6490 日本ピラー工業 1,793 -1.27 % 1,816 07/21 チャート
3299 ムゲンエステト 1,004 -0.69 % 1,011 07/21 チャート
5999 イハラサイエ 2,110 -1.68 % 2,146 07/21 チャート
5912 OSJBHD 314 1.95 % 308 07/21 チャート
6787 メイコー 1,710 4.65 % 1,634 07/24 チャート
4288 アズジェント 4,660 3.79 % 4,490 07/24 チャート
6634 ネクスグループ 475 -1.86 % 484 07/24 チャート
8927 明豊エンター 189 1.07 % 187 07/24 チャート
4709 ID 1,519 -0.46 % 1,526 07/24 チャート
3284 フージャースH 1,107 -1.34 % 1,122 07/24 チャート
6958 日本CMK 1,052 -0.57 % 1,058 07/24 チャート
6516 山洋電気 1,246 0.24 % 1,243 07/24 チャート
6836 ぷらっとホーム 2,459 -3.11 % 2,538 07/24 チャート
2703 日本ライトン 290 -1.36 % 294 07/24 チャート

2017年7月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
直近12カ月累積損益率: 472.66 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近12ヶ月
累積損益率
過去通算成績 3975銘柄 3.50 % 3.39日 1.03 % 20.62 %
2017年7月 113銘柄 3.17 % 5.27日 0.60 % 12.04 % 472.66 %