後場に崩れる 6881キョウデンが強い

 

後場から円高につられて崩れました(;´∀`)

伏兵の6881キョウデンが強かった....なぜw

 

デッドクロスさせてゴールデンクロス...出来高急上昇

 

 

キョウデン(6881)の口コミ&チャート診断|チャートなび

 

色々条件は整っていますし年初来高値353円は目前(^O^;)今度こそはぶち抜いて欲しいです。

今日の地合いで強かったのが気になります。

一週間くらい強いかな~

 

例によって少し買い戻し

 

プラコーは失敗か...

トレイダーズは意外と強く見えます。

モブカスはモブカス

セホはセホ

 

シエールガス銘柄強いはwバレてるな

 

 


スイングトレードランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村 

 

 

 

 

ファイブバガーで利食いと言いたかったのに30円に泣いた暴騰株のシンプロメンテ(6086)

端株(S株)で40株保有していたシンプロメンテ。取得単価は932円なのですが、暴騰していて昨日の終値で4,700円とファイブバガーに達していました。簡単に調べたところPBRがかなり高まっていたのでファイブバガーでの利食いを達成しようと30株を注文していました。

約定の結果は4,630円。932円の5倍は4,660円なので、僅か30円の差でファイブバガーでの利食いを逃してしまいました。昨夜、10時を過ぎてから注文したのですが、もう少し早ければ今朝の前場始値での約定のチャンスがあり、始値は4,700円だったのでファイブバガーでの利食いを達成できていました。

まあ、どうでもいいつまらないこだわりなのですが、ファイブバガーで利食いしたと言いたかったのです(笑)

こうなれば残した10株のテンバガーでの利食いに期待するしかないですね!

そして、シンプロメンテを利食いした代金で3222 ユナイテッド・スーパーマーケット・ ホールディングスの信用買い建て玉のうちの100株を現引きしました。

以上は妻名義のSBI証券口座の約定ですが、私名義の松井証券口座でも約定がありました。まず、新規銘柄なのですが、3504 丸八ホールディングスを信用買い建て。812円で200株、811円で100株と合計300株の信用買いです。

次に増し玉ですが、1541 純プラチナ上場信託を現物で買い増し。3,180円で5口の現物買いで、合計8口(@3,186)となりました。さらに1459 楽天ETF日経ダブルインバースを6,590円で10口、信用買いで増し玉。これで、1459は合計230口となりました。

あとは信用買い建て玉の返済売りと新規買いのクロス取引。信用期日が近づいてきていた1382 ホーブを100株のクロス取引での玉の建て替え。996円で約定していました。さらに2035 日経平均VI 先物指数を17口、2041 NY ダウ・ベア・ドルヘッジを60口返済売り。そして、妻名義のSBI証券で同時同数成り行きでの信用新規買い。変則的なクロス取引となっています。

これは、新規購入した丸八によるものです。本当は妻名義のSBI証券で丸八の新規購入をしたかったのですが、取扱いがありませんでした。私の松井証券口座は信用余力が低下していたので、これ以上の低下はまずいかなと。そこで、私名義の松井証券口座2035と2041を妻名義のSBI証券に移行したわけです。

そのクロス取引によって私名義の松井証券口座の信用余力が若干回復したので丸八を信用新規購入できたのです。ただ、このことにより妻名義のSBI証券口座の信用余力も低下していますし、私名義の松井証券口座の信用余力も低下が続いています。

そんな中で、新たに買いたい銘柄が登場してしました。買いたいと思った以上は買うと思いますが、何らかの売却を考えないといけないかもしれませんね。

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

【決算】4-6月期注目の三大セクターはこれだ!

バフェット太郎です。

今週金曜日、JPモルガン・チェース(JPM)、ウェルズ・ファーゴ(WFC)、シティ・グループ(C)の大手金融機関を皮切りに、米主要企業の4-6月期の決算発表が本格化しますが、多くのアナリストはITセクターに引き続き高い期待を抱いています。

アナリストたちはITセクターのEPS(一株当たりの利益)は前年同期比10.5%増と全11セクター中二番目の増加率になることを予想しています。全セクター中、最大の増益率になると見られているのはエネルギーセクターで、約400%増が期待されています。これは原油価格の低迷により業績が悪化していたためです。ちなみに、全セクターの利益予想は前年同期比約6.5%増が見込まれています。

ただし、過去5年間を振り返ると、S&P500種構成銘柄中68%の企業が事前予想を上回る業績を発表していることから、今回も事前予想を上回る数字になることが期待されています。つまり、増益率は7~9%台になるということです。

こうした中、飲料・菓子大手のペプシコ(PEP)が第2四半期決算を発表しました。内容は悪くありませんでした。

EPSは予想1.40ドルに対して、結果1.50ドルと予想を上回りました。

売上高は予想155億7000万ドルに対して、結果157億1000万ドルと予想を上回りました。

通期の予想EPSは旧ガイダンス5.09ドルに対して、新ガイダンス5.13ドルと上方修正されました。しかし、これはアナリスト予想の5.14ドルを若干下回る数字でした。

これを受けて、ペプシコ(PEP)の株価は前日比-0.46%と下落し、50日移動平均線を割り込みました。

【ペプシコ:PEP】
1
さて、今年、「FAAMG」株を中心に人気化しているITセクターですが、これまでの買われすぎの反動で売りが出やすくなっていました。そのため、先週まで「FAAMG」株5銘柄すべてが50日移動平均線を割り込んでいました。

しかし、現在も割り込んでいるのはアップル(AAPL)とアルファベット(GOOGL)の二銘柄のみで、その他三銘柄は再び買い戻されて50日移動平均線を上回って推移しています。これは投資家たちの期待が高いことの表れで、アナリストたちの投資判断の「買い」の割合が全セクター中最も高くなっています。

二番目はヘルスケアセクターで、これはオバマケア(医療保険制度改革法)の代替案を巡る展開に注目が集まっています。三番目はエネルギーセクターで、原油相場が低迷しているものの、業績の大幅な改善が期待されています。別の言い方をすれば、この三セクターからネガティヴサプライズが出やすいです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

一目均衡表「雲」上抜け銘柄

4927 ポーラ・オルビスホールディング
1963 日揮
9401 東京放送ホールディングス
6395 タダノ
2379 ディップ
8244 近鉄百貨店
9616 共立メンテナンス
7844 マーベラス
6047 Gunosy
2742 ハローズ
3232 三重交通グループホールディング
4517 ビオフェルミン製薬
4229 群栄化学工業
7618 ピーシーデポコーポレーション
3315 日本コークス工業
6937 古河電池
5992 中央発條
4463 日華化学
4994 大成ラミック
7494 コナカ
3166 OCHIホールディングス
4837 シダックス
3696 セレス
1376 カネコ種苗
6736 サン電子
2737 トーメンデバイス
3776 ブロードバンドタワー
6786 RVH
4524 森下仁丹
6771 池上通信機
9078 エスライン
4512 わかもと製薬
8007 高島
4237 フジプレアム
3093 トレジャー・ファクトリー
9723 京都ホテル
5204 石塚硝子
8085 ナラサキ産業
9017 新潟交通
8940 インテリックス
3474 G- FACTORY
8091 ニチモウ
5817 JMACS
9969 ショクブン
4615 神東塗料
6033 エクストリーム
3131 シンデン・ハイテックス
6297 鉱研工業
6546 フルテック
9355 リンコーコーポレーション
9417 スマートバリュー
9408 新潟放送
3426 アトムリビンテック
2905 オーケー食品工業
7571 ヤマノホールディングス
3475 グッドコムアセット
1841 サンユー建設
9012 秩父鉄道
9051 センコン物流
3071 ストリーム
2777 カッシーナ・イクスシー
7610 テイツー
1984 三信建設工業
2813 和弘食品
3042 セキュアヴェイル
8254 さいか屋
6147 ヤマザキ
7477 ムラキ
5341 アサヒ衛陶
9073 京極運輸商事
1382 ホーブ
(7/12終値ベース、時価総額順)


一目均衡表「雲」下抜け銘柄

6954 ファナック
9983 ファーストリテイリング
2502 アサヒグループホールディングス
8028 ユニー・ファミリーマートホール
7532 ドンキホーテホールディングス
8303 新生銀行
9048 名古屋鉄道
6460 セガサミーホールディングス
8252 丸井グループ
6925 ウシオ電機
8545 関西アーバン銀行
9744 メイテック
8841 テーオーシー
8361 大垣共立銀行
4368 扶桑化学工業
8368 百五銀行
4548 生化学工業
4819 デジタルガレージ
9681 東京ドーム
8278 フジ
3002 グンゼ
7517 黒田電気
8008 ヨンドシーホールディングス
1879 新日本建設
7874 レック
4365 松本油脂製薬
1870 矢作建設工業
8542 トマト銀行
8291 日産東京販売ホールディングス
4369 トリケミカル研究所
7157 ライフネット生命保険
3967 エルテス
4026 神島化学工業
3182 オイシックスドット大地
2806 ユタカフーズ
7416 はるやまホールディングス
9641 サコス
4350 メディカルシステムネットワーク
4031 片倉コープアグリ
3981 ビーグリー
3822 Minoriソリューションズ
7435 ナ・デックス
3961 シルバーエッグ・テクノロジー
2341 アルバイトタイムス
6928 エノモト
3123 サイボー
3934 ベネフィットジャパン
3691 リアルワールド
8201 さが美
8260 井筒屋
3768 リスクモンスター
6663 太洋工業
4734 ビーイング
5973 トーアミ
8747 豊商事
7425 初穂商事
9385 ショーエイコーポレーション
9360 鈴与シンワート
9376 ユーラシア旅行社
7567 栄電子
4669 ニッパンレンタル
(7/12終値ベース、時価総額順)


中期ゴールデンクロス銘柄

6301 小松製作所 2919 -8.5 (-0.29%)
7261 マツダ 1609.5 -14.0 (-0.86%)
5938 LIXILグループ 2855 0.0 (0.00%)
5486 日立金属 1641 +5.0 (+0.31%)
6302 住友重機械工業 794 -8.0 (-1.00%)
9104 商船三井 359 -1.0 (-0.28%)
3110 日東紡績 630 +20.0 (+3.28%)
7718 スター精密 1912 -16.0 (-0.83%)
2160 ジーエヌアイグループ 634 -8.0 (-1.25%)
6330 東洋エンジニアリング 275 -2.0 (-0.72%)
4619 日本特殊塗料 1898 -77.0 (-3.90%)
4813 ACCESS 940 +1.0 (+0.11%)
3928 マイネット 3330 -150.0 (-4.31%)
2445 エスアールジータカミヤ 549 +3.0 (+0.55%)
5121 藤倉ゴム工業 710 -6.0 (-0.84%)
4977 新田ゼラチン 789 -5.0 (-0.63%)
3776 ブロードバンドタワー 261 +9.0 (+3.57%)
3408 サカイオーベックス 1799 +2.0 (+0.11%)
3686 ディー・エル・イー 587 +19.0 (+3.35%)
5391 エーアンドエーマテリアル 126 0.0 (0.00%)
6316 丸山製作所 1781 -9.0 (-0.50%)
5204 石塚硝子 225 +6.0 (+2.74%)
2424 ブラス 1135 +5.0 (+0.44%)
3321 ミタチ産業 796 +19.0 (+2.45%)
1401 エムビーエス 718 +37.0 (+5.43%)
7284 盟和産業 1237 +13.0 (+1.06%)
5997 協立エアテック 659 +9.0 (+1.38%)
8886 ウッドフレンズ 2457 -29.0 (-1.17%)
4274 細谷火工 823 +17.0 (+2.11%)
9363 大運 49 0.0 (0.00%)
3238 セントラル総合開発 267 -1.0 (-0.37%)
(7/12終値ベース、時価総額順)


短期ゴールデンクロス銘柄

4502 武田薬品工業 5681 -25.0 (-0.44%)
4519 中外製薬 4475 +125.0 (+2.87%)
8725 MS&ADインシュアランスHD 3896 +6.0 (+0.15%)
6963 ローム 8940 -80.0 (-0.89%)
7912 大日本印刷 1262 -7.0 (-0.55%)
6146 ディスコ 18830 -130.0 (-0.69%)
2433 博報堂DY HLDG 1502 +10.0 (+0.67%)
3436 SUMCO 1820 +67.0 (+3.82%)
6113 アマダHLDG 1311 +10.0 (+0.77%)
4739 伊藤忠テクノソリューションズ 3940 -55.0 (-1.38%)
5214 日本電気硝子 4030 -45.0 (-1.10%)
4733 オービックビジネスコンサルタン 5860 -140.0 (-2.33%)
7575 日本ライフライン 4770 -175.0 (-3.54%)
7779 CYBERDYNE 1514 0.0 (0.00%)
8088 岩谷産業 711 +1.0 (+0.14%)
7581 サイゼリヤ 3405 +100.0 (+3.03%)
2281 プリマハム 683 -7.0 (-1.01%)
2379 ディップ 2604 +268.0 (+11.47%)
9749 富士ソフト 3245 -15.0 (-0.46%)
2461 ファンコミュニケーションズ 1003 -1.0 (-0.10%)
4290 プレステージ・インターナショナ 1197 -5.0 (-0.42%)
2726 パルグループHLDG 3170 +297.0 (+10.34%)
8922 日本アセットマーケティング 133 0.0 (0.00%)
6145 日特エンジニアリング 3395 +20.0 (+0.59%)
2874 横浜冷凍 1071 0.0 (0.00%)
1954 日本工営 3170 +15.0 (+0.48%)
3178 チムニー 2815 -1.0 (-0.04%)
9755 応用地質 1571 +14.0 (+0.90%)
2168 パソナグループ 1066 -30.0 (-2.74%)
9733 ナガセ 4345 0.0 (0.00%)
5310 東洋炭素 1950 0.0 (0.00%)
4221 大倉工業 650 +19.0 (+3.01%)
6299 神鋼環境ソリューション 445 +3.0 (+0.68%)
7618 ピーシーデポコーポレーション 600 +23.0 (+3.99%)
9033 広島電鉄 499 +4.0 (+0.81%)
4571 ナノキャリア 703 0.0 (0.00%)
9837 モリト 946 +25.0 (+2.71%)
6240 ヤマシンフィルタ 2270 +83.0 (+3.80%)
1810 松井建設 921 +18.0 (+1.99%)
5999 イハラサイエンス 1930 +19.0 (+0.99%)
7513 コジマ 323 +1.0 (+0.31%)
3649 ファインデックス 931 +6.0 (+0.65%)
1866 北野建設 353 +28.0 (+8.62%)
2198 アイ・ケイ・ケイ 803 +7.0 (+0.88%)
8018 三共生興 393 -2.0 (-0.51%)
5992 中央発條 353 +2.0 (+0.57%)
3904 カヤック 1465 -24.0 (-1.61%)
7979 松風 1336 +3.0 (+0.23%)
6194 アトラエ 5490 +50.0 (+0.92%)
6485 前澤給装工業 1592 +23.0 (+1.47%)
6200 インソース 2250 -14.0 (-0.62%)
7612 Nuts 303 0.0 (0.00%)
6881 キョウデン 343 +11.0 (+3.31%)
5819 カナレ電気 2491 +22.0 (+0.89%)
2806 ユタカフーズ 1890 -20.0 (-1.05%)
6264 マルマエ 1426 -17.0 (-1.18%)
3947 ダイナパック 1524 -11.0 (-0.72%)
4621 ロックペイント 711 +22.0 (+3.19%)
6769 ザインエレクトロニクス 1224 +33.0 (+2.77%)
2344 平安レイサービス 966 +1.0 (+0.10%)
8158 ソーダニッカ 527 0.0 (0.00%)
2929 ファーマフーズ 429 +4.0 (+0.94%)
4583 カイオム・バイオサイエンス 442 +5.0 (+1.14%)
7587 PALTEK 994 0.0 (0.00%)
9760 進学会 579 +2.0 (+0.35%)
4238 ミライアル 1086 +2.0 (+0.18%)
4999 セメダイン 701 -8.0 (-1.13%)
7444 ハリマ共和物産 1918 +1.0 (+0.05%)
9687 KSK 1349 +4.0 (+0.30%)
9908 日本電計 1281 +15.0 (+1.18%)
6874 協立電機 2205 -5.0 (-0.23%)
9765 オオバ 516 0.0 (0.00%)
4237 フジプレアム 313 +15.0 (+5.03%)
4588 オンコリスバイオファーマ 840 +6.0 (+0.72%)
9702 アイ・エス・ビー 1638 +5.0 (+0.31%)
4308 Jストリーム 582 +27.0 (+4.86%)
7500 西川計測 2346 +25.0 (+1.08%)
3452 ビーロット 2008 +87.0 (+4.53%)
3680 ホットリンク 638 -3.0 (-0.47%)
4355 ロングライフHLDG 642 -13.0 (-1.98%)
8091 ニチモウ 180 +3.0 (+1.69%)
7768 ジェコー 395 -4.0 (-1.00%)
4615 神東塗料 213 +10.0 (+4.93%)
6033 エクストリーム 2530 +282.0 (+12.54%)
8107 キムラタン 7 0.0 (0.00%)
3910 エムケイシステム 2122 +29.0 (+1.39%)
6546 フルテック 1051 +6.0 (+0.57%)
8023 大興電子通信 445 +40.0 (+9.88%)
3322 アルファグループ 1602 -25.0 (-1.54%)
7509 アイエーグループ 675 0.0 (0.00%)
5900 ダイケン 900 -10.0 (-1.10%)
4800 オリコン 348 +5.0 (+1.46%)
7887 南海プライウッド 512 -4.0 (-0.78%)
6356 日本ギア工業 351 +1.0 (+0.29%)
2425 ケアサービス 2288 -13.0 (-0.56%)
2332 クエスト 826 0.0 (0.00%)
3475 グッドコムアセット 1411 +300.0 (+27.00%)
6895 ダイヤモンド電機 455 +2.0 (+0.44%)
6772 東京コスモス電機 255 0.0 (0.00%)
9797 大日本コンサルタント 521 +3.0 (+0.58%)
2750 石光商事 428 0.0 (0.00%)
3297 東武住販 1130 +45.0 (+4.15%)
2789 カルラ 444 0.0 (0.00%)
9973 小僧寿し 88 +1.0 (+1.15%)
2459 アウンコンサルティング 347 +32.0 (+10.16%)
6085 アーキテクツ・スタジオ・ジャパ 1600 +13.0 (+0.82%)
1711 省電舎HLDG 847 +30.0 (+3.67%)
1724 シンクレイヤ 555 +20.0 (+3.74%)
1408 サムシングHLDG 473 -1.0 (-0.21%)
7477 ムラキ 124 +22.0 (+21.57%)
(7/12終値ベース、時価総額順)


明日騰がるボロ株予想!(07/13)

3071 ストリーム
3606 レナウン
3390 INEST
6775 TBグループ
7477 ムラキ
6218 エンシュウ
7746 岡本硝子
6255 エヌ・ピー・シー
7610 テイツー
3719 ジェクシード
━━━━━━━━━━━━
投資顧問を利用することで日々の情報収集がグッと楽になりますが、単純に銘柄選びとして利用するなら「最強株トレード」がオススメです。というのも、ここが提供する無料の銘柄情報が70%以上の確率で当たっているからです。

具体的には、各月で提供した無料の銘柄が、以降1ヶ月のあいだで+10%以上に達した確率のことですが、驚きなのがこの確率が7ヶ月も続いているってところ。

2016年11月の成績⇒31銘柄中25銘柄が上昇 的中率80.64%
2016年12月の成績⇒46銘柄中37銘柄が上昇 的中率80.43%
2017年01月の成績⇒34銘柄中28銘柄が上昇 的中率82.35%
2017年02月の成績⇒40銘柄中30銘柄が上昇 的中率75.35%
2017年03月の成績⇒38銘柄中28銘柄が上昇 的中率73.68%
2017年04月の成績⇒34銘柄中25銘柄が上昇 的中率73.52%
2017年05月の成績⇒42銘柄中31銘柄が上昇 的中率73.80%

さらに言えば、この中に株価2倍以上に膨れた大化け銘柄もゴロゴロあるのがスゴイ。例えば、低位株で言えば「夢展望」です。この銘柄は5月相場でライザップ関連銘柄として人気を集め、400円付近を推移していた株価が一気に1300円まで上昇した経緯を持っていますが、最強株トレードはこれを動意づく前に「買い」と推奨しています。

他に印象に残っているところはアエリアの4倍の上昇や、第一化成の2.2倍の上昇などがありますが、かなり数あるので直接見てくれると助かります。

最強株トレードの無料の銘柄情報ですが、会員登録後すぐ利用することができます。しかも、新規会員の人は一気に3つも。この7ヶ月の的中率から考えて、この3銘柄だけでも受け取っておく価値はあると言えますね。

最強株トレードの登録はここからできます>
基本サービス無料のサイトなので気軽に活用してみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■管理人がよく見ているサイト
テーマ別に注目銘柄を上げており分かりやすくてよいです。管理人の口が悪いw
ブタが印象的なサイト。旬な銘柄がランキング形式でわかるのが便利。
尚、特に「期待」できる銘柄についてはメルマガでの配信も行っている。 いつも記事を見て下さっている人はコチラからメルマガ登録をしてみて欲しい。
当ブログに掲載している記事の内容又はメールマガジンの内容に関して当ブログは一切の「助言」となる事項は行っておりません。投資に関する最終的決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。
▼WEB非公開の当ブログのメルマガ会員限定銘柄配信!! 2013-07-17 14.33.50
▼ランキングUP願う!!
にほんブログ村 株ブログ 低位株・ボロ株へにほんブログ村 株ブログ 株日記へ株式投資ブログランキングブログランキングblogramで人気ブログを分析banner02.gif
Ads by Cueinc.

踏ん張りどころ

 

Fight

 

8704トレイダーズ...300円どころの攻防戦です(;´∀`)

ここらへんで切り返してくれればチャート的に良いのですけど

 

6460セガサミーはパチンコ規制報道で売られたところでin

パチンコ規制はカジノへの布石で安倍ちゃん帰って来て大枠決める夏の国会~

セガサミーはカジノリバあるかなと~カジノ関連はジワジワ買われてますね

 

後は6881キョウデンとか9478SEホールディングスはキープ中

キョウデンもカジノではありますし

 

3664モブキャスト!昨日はファンド介入の記事?

6月の中国モバサカ売上がandroid10位?とかで引けに買われて赤4兵~チャートは綺麗

 

トレイダーズ一部利確してプラコー少し買いました(^o^;)ギャンブルです。

週末にはシェール関連株でも買うかな

 

 


スイングトレードランキング

 

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村 

 

【投資テクニック】リバランスを駆使してリスクの低減と資産の最大化を目指せ!

バフェット太郎です。

個人投資家は「リバランス(配分調整)」という投資テクニックを駆使することで、リスクの低減と資産の最大化を目指してください。

そもそもリバランスとは、異なるアセット・クラス(資産クラス)、例えば株式と債券への投資配分を最適な比率に微調整するだけです。

例えば、ある個人投資家が次のような基本ポートフォリオをデザインして投資を始めたとします。

【基本ポートフォリオ】
1
当初、上記のような配分で投資を始めたとしても、時間の経過とともに資産価格は変動します。そこで、日米の株価が大きく上昇し、一年後のポートフォリオが以下の通りになったとします。

【一年後のポートフォリオ】
2
日米の株式比率が当初の55%から70%に上昇した一方、新興国株式と日米債券はそれぞれ5%pt減少しました。また、株式がポートフォリオに占める割合は、当初の75%から85%と、リスクが高くなりすぎています。

そこで、割高な株式を売る一方、そのお金で割安な債券に投資することで、基本のポートフォリオに戻すように調整します。これが「リバランス」です。

反対に、景気が後退し株価が大きく低迷している局面では、株式の割合が低くなる一方で債券の割合が高くなるので、この場合は割高な債券を売って、そのお金で割安な株式に投資して「リバランス」をします。


▮個人投資家のための「リバランス」四つの注意点

個人投資家がリバランスで気を付けたいことが三点あります。

一、個別株は控えてETFやインデックスファンドを利用しろ!

二、投資用資金を捻出し、割高なアセット・クラスを売らずに割安なアセット・クラスをひたすら買い増せ!

三、リバランスは二~三年に一度でもいい!

四、リバランスは機械的にやれ!

まず、一の「個別株は控えてETFやインデックスファンドを利用しろ!」ですが、これは手数料を考えれば、個別株への投資は控えて、ETFやインデックスファンドを利用した方がリバランスがしやすいためです。運用資産額が数千万円未満の場合、一度の買い付け手数料率を下げるために大きく買い増せば、それだけでポートフォリオが崩れてしまいます。

また、二の「投資用資金を捻出し、割高なアセット・クラスを売らずに割安なアセット・クラスをひたすら買い増せ!」ですが、含み益を売却すれば20%(米国は30%)もの税金が課税されるため、長期的に見れば買い持ちしていた方が賢明です。では、「リバランス」するためにはどうすればいいかですが、それは、勤勉に働くことで収入を最大化し、倹約に努めて支出を最少化することで新規の投資用資金を捻出してください。

三、「リバランス」は二~三年に一度でも大丈夫です。実際、世間のしがらみから逃れられない多くのサラリーマン投資家にとって、投資用資金を捻出するのはなかなか難しいかもしれません。また、世帯を持つ個人投資家は、自身の投資哲学とは関係なく、パートナーの理解がないことでやむなく投資を諦める場合があります。

しかし、だからと言って諦める必要はありません。少しずつお金を貯めて新規の投資用資金を捻出できるのであれば、三年に一度のリバランスでも十分に意味があります。

四、「リバランス」は機械的に行うべきです。多くの個人投資家はその時々の状況に応じて判断を下してしまいがちで、これが結果的にパフォーマンスの足枷になります。

例えば、米国株式の比率が基本ポートフォリオの割合35%に対して、30%と低いのにも関わらず、市場のセンチメントが将来の先行き見通し対して懐疑的になっていると、多くの個人投資家は買い控えるものです。しかし、予想に反して上昇すれば、本来得られたはずの利益が得られないなど機会損失に繋がります。従って、規律正しく機械的にリバランスを実施した方が賢明だというわけです。

以上の点に注意しながら、賢明で合理的な資産運用ライフを楽しんでくださいね。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK

7月11日 持ち株に大きな動きなし。

現在大当たり中の銘柄(購入後の利益率+8%以上)
5757 CKサンエツ (+19.52 %)
3372 関門海 (+13.74 %)
8894 原弘産 (+8.70 %)
5940 不二サッシ (+11.54 %)
6924 岩崎電気 (+10.64 %)
5381 Mipox (+8.41 %)
4662 フォーカス (+8.08 %)

本日の日経平均は続伸。
前日比+114円(+0.57%)の2万0195円で引けました。

マザーズ指数は前日比+0.93%と続伸です。

当ブログのモデル持ち株は、大きな動きはありませんでした。
ども銘柄も小動きでしたが、やや軟調気味か、ほぼイーブンといった
ところだと思います。

新規で買いたい銘柄もそれほどなく、
持ち株を少し入れ替えただけでした。

というわけで、
本日の売却は3銘柄。
すべて前場終値での売却です。

新規購入も3銘柄でした。

ランキングに投票をお願いします。

 

新規購入銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
2884 ヨシムラフード 2,985 0.00 % 2,985 07/11 チャート
9674 花月園観光 109 0.00 % 109 07/11 チャート
5955 ヤマシナ 78 0.00 % 78 07/11 チャート

本日売却銘柄

コード 銘柄名 売却
価格
損益率 購入
価格
購入日 チャ
ート
売却日 保有
日数
売却
区分
5757 CKサンエツ 2,590 19.52 % 2,167 06/27 チャート 07/11 10日 前場終値
3409 北日本紡績 115 6.48 % 108 06/30 チャート 07/11 7日 前場終値
8732 マネーパートナ 509 -5.74 % 540 07/05 チャート 07/11 4日 前場終値

保有継続銘柄

コード 銘柄名 本日終値 損益率 購入価格 購入日 チャ
ート
4274 細火工 806 -4.28 % 842 06/21 チャート
6208 石川製作所 1,160 1.75 % 1,140 06/21 チャート
3266 ファンドクリエ 136 7.09 % 127 06/27 チャート
6625 JALCOHD 120 0.00 % 120 06/29 チャート
3372 関門海 447 13.74 % 393 06/30 チャート
5289 ゼニス羽田HD 354 7.27 % 330 06/30 チャート
5287 イトヨーギョ 1,123 3.03 % 1,090 06/30 チャート
6035 IRJHD 1,384 -3.08 % 1,428 07/03 チャート
8894 原弘産 25 8.70 % 23 07/03 チャート
5940 不二サッシ 116 11.54 % 104 07/03 チャート
6862 ミナトHD 116 6.42 % 109 07/04 チャート
6924 岩崎電気 208 10.64 % 188 07/04 チャート
7647 音通 35 0.00 % 35 07/04 チャート
5381 Mipox 451 8.41 % 416 07/04 チャート
4662 フォーカス 1,298 8.08 % 1,201 07/05 チャート
6544 JESHD 1,668 -0.42 % 1,675 07/05 チャート
3606 レナウン 159 1.92 % 156 07/05 チャート
7609 ダイトロン 1,484 6.84 % 1,389 07/05 チャート
4120 スガイ化学工業 141 2.92 % 137 07/05 チャート
3777 ジオネクスト 60 0.00 % 60 07/05 チャート
6709 明星電気 101 0.00 % 101 07/06 チャート
3521 エコナックHD 73 1.39 % 72 07/06 チャート
8912 エリアクエスト 155 4.73 % 148 07/06 チャート
3804 システムディ 1,188 3.85 % 1,144 07/07 チャート
2134 燦キャピタル 85 -4.49 % 89 07/07 チャート
3935 エディア 5,170 1.37 % 5,100 07/07 チャート
3250 ADワークス 45 5.88 % 42.5 07/07 チャート
1418 インターライフ 302 0.67 % 300 07/07 チャート
3350 レッドプラネ 30 -3.23 % 31 07/07 チャート
3909 ショーケースTV 1,185 -0.17 % 1,187 07/07 チャート
6742 京三製作所 605 2.72 % 589 07/07 チャート
6034 MRT 2,301 -0.39 % 2,310 07/10 チャート
4335 IPS 1,118 -2.02 % 1,141 07/10 チャート
3687 フィックスター 4,670 3.78 % 4,500 07/10 チャート
9816 ストライダーズ 72 2.86 % 70 07/10 チャート
3928 マイネット 3,480 -0.14 % 3,485 07/10 チャート
1491 中外鉱業 31 0.00 % 31 07/10 チャート
5284 ヤマウ 404 -0.49 % 406 07/10 チャート
6969 松尾電 71 1.43 % 70 07/10 チャート

2017年7月成績まとめ
※ 表の「過去通算成績」をクリックすると、詳細が見れます。
直近12カ月累積損益率: 519.01 %

期間 取引回数 平均
損益率
(A)
平均
保有日数
(B)
平均
損益率/日
(C)=A/B
1ヶ月期待
損益率
C×20営業日
直近12ヶ月
累積損益率
過去通算成績 3910銘柄 3.53 % 3.36日 1.05 % 21.02 %
2017年7月 48銘柄 5.08 % 4.81日 1.06 % 21.11 % 519.01 %